ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
40代からの人生の折り返し方 野田稔

偶然を味方につけて成功する人はココが違った!

野田 稔 [一般社団法人 社会人材学舎 代表理事]
【第14回】 2015年8月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

人生の年輪のように広がる
関係性の弱い人脈は意外と使える

それほど強い結びつきではない人との関係性があなたのキャリアに大きな影響をもたらしてくれる可能性がある

前回、「弱い紐帯(結びつき)」の人脈が転職やキャリア形成においていかに大切かという話をした。数の問題が大きいのだ。「強い紐帯」の人間はそれほど数が大きくない。なぜならば、常に今この瞬間の結びつきが強い関係が、強い紐帯だからだ。

 しかし、弱い紐帯は人生の年輪のように増えていく。かつて強い紐帯だった人たちが、弱い紐帯となって少し遠くへ立ち去るからだ。

 人生において、仕事において、自分の可能性を広げてステップを踏んでいけば、前のステップの関係は自ずと弱い紐帯になっていく。途切れてしまう紐もあるだろう、あえて切って関係を断った紐もあるだろう。しかし、相同性のある、言語体系の似ている、しかし違う分野に生きる良質の紐帯もまた、増えていくはずだ。

 私はどちらかというと、節目、節目で過去を振り捨てるように生きてきた。意図的に過去を捨てて、今の紐帯を大事にするという生き方をしてきた。しかし、そろそろそういった生き方を変える時期かなとも思っている。

 もちろん、人生の黄昏を意識して、昔話をするために弱い紐帯を大事にしたいわけではない。

 今の最先端の自分を、偽ることなく相同性のある昔の仲間にぶつけてみる。それでもしかするとおもしろい化学反応が起こるかもしれない。それを試してみたいのだ。言うなれば弱い紐帯のリバイタリゼーション(再生)への挑戦だ。

 弱い紐帯の関係になって以降、私とは別の道を歩き、私の知らない分野の最前線にいる人間が、相同性があって自分と“同じ言葉を話せる”人間であるとすると、かなりおもしろい再会になるに違いない。

 今回も転職のための有益な情報源という脈絡で話をしているのだが、異なる道を歩んでいる言葉の通じる人間からもたらされる「意外なチャンス」には期待できる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野田 稔 [一般社団法人 社会人材学舎 代表理事]

明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科教授/株式会社リクルートホールディングス リクルートワークス研究所 特任研究顧問。野村総合研究所、リクルート社新規事業担当フェロー、多摩大学教授を経て現職に至る。日本テレビ系列「ズームインスーパー」、NHK総合「経済ワイドビジョンe」「Bizスポワイド」、NHKEテレ「仕事学のすすめ」などメディアでも活躍。主な著書に『組織論再入門』『中堅崩壊』(以上ダイヤモンド社)、『二流を超一流に変える「心」の燃やし方』(フォレスト出版)『企業危機の法則』(角川書店)など多数。


40代からの人生の折り返し方 野田稔

40代は時計で言えば、ちょうど昼の12時を回った人生の午前中が終わったばかりだ。人生折り返し、1日に例えれば、午後をいかに過ごすか。黄昏が訪れる前に上手に人生を折り返す方法をこの連載では考える。

「40代からの人生の折り返し方 野田稔」

⇒バックナンバー一覧