ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経済は「予想外のつながり」で動く
【第3回】 2015年9月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
ポール・オームロッド,望月 衛

成功したユーチューバーは
ますます成功する?
「正規分布」信仰を検証する

1
nextpage

時にあっけにとられるほど弱々しく崩れさり、時に信じられないくらい逞しく危機を乗り越える――。予測不可能に陥った21世紀の経済に対して、経済学はまだ有効か?
学問から実業まで飛び回るエコノミストにして「ネットワーク理論」を経済学に持ち込んだ第一人者ポール・オームロッドの新著『経済は「予想外のつながり」で動く』。インセンティブを、合理的経済人を、効用を、そして経済学そのものをネットワーク理論でアップデートする野心的な本作から、刺激的なトピックを抜粋してご紹介する特別連載第3回。ユーチューブで起こった摩訶不思議なエピソードから、「正規分布」について再検討する

4000倍もの差がついた
2つの「エクストリーム・アイロニング」

ベン・ネイヴィス山はブリテン諸島で一番高い山だ。スコットランドのハイランド地方にあり、高さは4406フィート(1344メートル)である。観光客向けの歩きやすい道を選んでも、頂上までのたかだか4マイルは、最初から最後までけっこうな山登りに感じられる。そしてそれほど高いわけではないのに、頂上はひどい所だ。風が大西洋から直に吹きつけ、時速100マイルの突風が吹くことも珍しくない。そのため、平均気温は水凍る寒さを1度以上、上回ることがない。1年中いつでも雪が降ることがある。じっさい、私は夏真っ盛りの8月に雪が降ったのを見たことがある。私がそのときにいたのは、ベン・ネイヴィス山よりもう少しだけ低く安全な山で、そっちで降っていたのはみぞれだった。

 イギリスでM1といえば、ロンドンから出てミッドランドとイギリス北部へ向かう幹線道路だ。イギリスにできた都市と都市を結ぶ最初の高速道路で、主な部分は1959年から1968年に建設され、現在の交通量は膨大である。あまり例のないことだが、この道路はロンドン市内に入るところで交通量が減る。つまりロンドンを周回する道路M25と交わるところを過ぎてからだ。この部分は1977年に延長されている。2011年4月、道路のこの部分が全面的に閉鎖された。高架になっている部分の1つのすぐ下で、火事が起きたからだ。

 2つのパラグラフはとても些細な事実を詳しく述べていて、一見、互いにまったくかけ離れた内容に思える。でも両者はつながりあっている。それぞれの場所でアイロンをかける人の動画がユーチューブに公開された。男が1人、ベン・ネイヴィス山の頂上を目指す。アイロン台とリュックサックを背負い、アイロン本体はリュックに入れているのだろう。もう1人は、髭もそらずにガウンを着て、M1の閉鎖された路上で、3分にわたってシャツにアイロンをかける。

2つの動画のうち1つが、ユーチューブその他のサイトでもう1つの4000倍以上のアクセスを受けた。人気が高かったほうの動画の登場人物として、日曜の新聞でインタビューに答えた男はこう言っている。

 「申し訳ないと思っているよ。あちらは…(中略)…ユーチューブに動画を公開して46回しかアクセスがなかった。ぼくはよじ登って…(中略)…20万4000回もアクセスをもらったんだ。ぼくの話は日本、アメリカ、ギリシャ、ロシアのマスコミにも取り上げられた。たぶんみんな、ぼくを頭のおかしいイギリス人だと思ってるんだろうな。ま、かまわないさ」

 インタビューで「よじ登って」の後に続く、省略されている部分はこうだ。「柵の破れているところを潜り抜け、高速道路に入って2分ほど歩いた」。つまりM1でアイロンをかけたほうの人は、自分の芸で世界中から賞賛を受け、一方、こう言っていいなら、恐れを知らぬ登山家のほうは、歳月の霧の中へと消えていった。

 2つの出来事に対する関心の大きさの違いを、独立した合理的なエージェントによるインセンティブへの反応という枠組みで説明するのはとても難しい。例によって、事が起きた後からなら、一方の動画がもう一方の動画よりずっと人気があったのはなぜか、もっともらしい話を語ることができる。

 しかしここでのケースは、インセンティブの枠組みで正当化しようと思うことさえためらわれる。2つの状況はとてもよく似ている。どちらも、もの好きなイギリス人が変わった場所で服にアイロンをかける。それなのに、一方は他方より4000倍も人気が出た

 これは決して珍しいことではない。むしろまったく逆だ。視野をもっと広げるなら、ポップ・カルチャーの世界では、実質的には同じ「製品」間で結果が大きく異なっていることは、まったく文字通りの意味で日常茶飯事だ。ほとんどは日の目を見ることもなく消えていき、ほんのひと握りが大人気になる。そしてそんな結果になる理由は、単なる「運」以外、はっきりしない。

 たとえばフリッカーやユーチューブで、その日の一番人気の動画は、同じ日にアップロードされたほかの動画や写真の数千倍どころか数十万倍もダウンロードされる。他のどれよりもたくさん閲覧されたりダウンロードされたりする理由が、具体的ではっきりしていることもたまにはある。でもほとんどの場合、理由ははっきりしない。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


ポール・オームロッド(Paul Ormerod)

イギリスのエコノミスト。ケンブリッジ大学とオックスフォード大学で経済学を修めた後、『エコノミスト』誌で経済予測に携わる。業績は学界から実業界にまで及び、1982年から1992年までヘンリー予測センター所長を務めたほか、ロンドン大学、マンチェスター大学で客員教授として教鞭を執っている。イギリス社会科学院のフェローであり、経済学への貢献に対し、ダラム大学から名誉科学博士号(DSC honoris causa)を授与されている。1994年の著書『経済学は死んだ』(ダイヤモンド社)では、正統派経済学を痛烈に批判して話題となった。他の著書に『バタフライ・エコノミクス』(早川書房)、『WHY MOST THINGS FAIL(なぜほとんどが失敗に終わるのか)』(未邦訳)がある。特に『ビジネスウィーク』誌のUSビジネス・ブック・オブ・ザ・イヤーに選出された『WHY MOST THINGS FAIL』は、ネットワーク理論を経済学に取り込んだことで話題を呼んだ。

望月 衛

大和投資信託株式会社 リスクマネジメント部。京都大学経済学部卒業、コロンビア大学ビジネススクール修了。CFA、CIIA。投資信託等のリスク管理やパフォーマンス評価に従事。訳書に『ブラック・スワン』、『まぐれ』(ともにダイヤモンド社)、『ヤバい経済学』、『その問題、経済学で解決できます。』、『美貌格差』(いずれも東洋経済新報社)、『ヘッジホッグ』、『ウォール街のイカロス』(ともに日本経済新聞出版社)等がある。


経済は「予想外のつながり」で動く

・ベストセラーは「出してみるまで」わからない!?(× 合理的経済人)
・タバコの税率を上げたら健康被害が増えた?(× インセンティブ)
・非合理的な「アマゾンの翌日配送」にお金を払うのはなぜ?(× 効用)

インターネットでつながった21世紀の世界を支配するルールは、
「合理」から「模倣」に変わった!

学問の世界から実業まで飛び回るエコノミストにして
「ネットワーク理論」を経済学に持ち込んだ第一人者が、
「世間知らず」となった経済学を
「つながり」と「模倣」の理論で新しい次元に進化させる。

「経済は「予想外のつながり」で動く」

⇒バックナンバー一覧