ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
稲盛和夫経営講演選集(公開版) 「経営の父」が40年前に語っていたこと
【第4回】 2015年9月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
稲盛和夫

稲盛和夫が語る「企業家精神」【第4回】
――5ドルのピザと24億円の利益

1
nextpage

稲盛和夫が語った起業の「原点」とは――。京セラとKDDIという2つの世界的大企業を創業し、JAL再建の陣頭指揮を執った「経営の父」稲盛和夫氏。その経営哲学やマネジメント手法は世界中に信奉者を持つ。
今回、『稲盛和夫経営講演選集』(第1~3巻)発刊を記念し、1976年に起業時の経験を語った貴重な講演録を、全5回に分けて掲載する。第4回は稲盛経営の根幹とも言える「哲学」が実践されたエピソードを紹介する。

日本人もアメリカ人も動かす
「判断基準」とは?

 その後、アメリカの社員が言うような方法を採用してみたり、それではいけないと思って日本の方法を採用してみたりと試行錯誤を繰り返し、結局は鹿児島の田舎で両親に教わった、「人間とはどのようにあるべきか」という、日本の京セラの経営と同じ考え方を、アメリカでも貫くことにしました。

1971年、サンディエゴのゲストハウス開設パーティ(右から2番目が稲盛和夫氏)

 人種が違えば言葉も違い、文化的なバックグラウンドも違うといえども、彼らも同じ人間です。ですから、「人間として何が正しいのか」ということを貫く経営を行えばいい、ということに気がついたのです。

 「日本ではそれで成功したのだから、アメリカでも成功するはずだ」と信じ、その後はアメリカの幹部社員たちがアメリカの方法を主張しても、頑としてそれを受け入れず、「アメリカの方法や日本の方法というものはないのだ。経営の方法とは、どの国であろうともただ1つしかない。私の言うことにしたがってくれ」と言って、自分の信じた経営を行っていきました。

 私が工場の現場へ出て、女子工員に交じって手伝いをしようとしていると、工場長が来て、「社長室があるのだから、そこにいてもらわないと困ります。作業着を着て工場へ出てきて、女子工員と一緒に働いていたのでは、社長の値打ちがなくなります。アメリカでは、そのような権威のない人を誰も尊敬しません。社長室に帰ってください」と言われたことがありました。

 しかし私は、「それでも構わない。そんなことで権威が落ちるなら、落ちても結構だ」と言って、女子工員と一緒に仕事をしていました。

 また、昼食は工場の食堂でとるのですが、メニューの中にピザがありました。非常に安く、5ドルぐらいで5人は食べられるので、3つか4つ注文して、一緒に仕事をしていた女子工員に食べてもらっていました。

 そのうち女子工員たちは、私と一緒にご飯を食べることが楽しくなってきたらしく、誰が言うともなく、誰が私の横に座るのかが話題に上るようになっていきました。また、「社長はアメリカにいる間、いつも一人でかわいそうだから、お弁当をもってきてあげます」と言って、女子工員がお弁当をつくって会社にもってきてくれました。今でも私が工場に行くと、そのようなことをしてくれますし、うちの幹部にも同じようなことをしてくれています。

 これを見たアメリカの幹部社員たちは、「こんな光景は、いまだかつて見たことがない。なぜこんな人間関係が築けるのか」と驚いていました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


稲盛和夫

 
 


1932年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長。84年に第二電電(現KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。10年に日本航空会長に就任し、代表取締役会長、名誉会長を経て、15年より名誉顧問。1984年に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。また、若手経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成に心血を注ぐ。主な著書に『生き方』(サンマーク出版)、『アメーバ経営』(日本経済新聞出版社)、『ゼロからの挑戦』(PHP研究所)、『成功の要諦』(致知出版社)、『人生の王道』(日経BP社)、『ど真剣に生きる』(NHK出版)、『君の思いは必ず実現する』(財界研究所)、『働き方』(三笠書房)、『燃える闘魂』(毎日新聞社)などがある。

稲盛和夫オフィシャルサイトhttp://www.kyocera.co.jp/inamori/


稲盛和夫経営講演選集(公開版) 「経営の父」が40年前に語っていたこと

稲盛和夫が語った起業の「原点」とは――。京セラとKDDIという2つの世界的大企業を創業し、経営破たんしたJALを再建させた「経営の父」稲盛和夫氏。その経営哲学やマネジメント手法は世界中に信奉者を持つ。このたび、『稲盛和夫経営講演選集』(ダイヤモンド社)発刊を記念し、1976年に自らの起業時の経験を語った貴重な講演録を、全5回に分けて掲載します。

「稲盛和夫経営講演選集(公開版) 「経営の父」が40年前に語っていたこと」

⇒バックナンバー一覧