ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本一サービスにうるさい街で、 古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか
【第8回】 2015年9月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
山崎征一郎 [銀座・キャバレー「白いばら」元店長]

常連のお客さまをつかむために
あるホステスが決断したこと

創業80年、伝説の老舗キャバレー、東京・銀座「白いばら」に50年間勤務し、名店長といわれた著者が、お客様のための創意工夫をはじめて明かした『日本一サービスにうるさい街で、古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか』から、抜粋してお届けしています。

 白いばらはリーズナブルな値段で評判のキャバレーではありますが、一般的なバーや飲食店と比べると、けっして安い店ではありません。そのため、ある程度の収入がないと通い続けることはできません。

 こうお話しすると、白いばらの常連のお客さまも、結局は高級クラブと同じように、派手でお金回りのいい人が多いと思われるかもしれません。でも、実際には身なりは落ち着いていて、ブランド品もロゴが大きく目立つようなものは身につけないなど、質素な佇たたずまいの方がほとんどです。

 見栄を張らない、威張らないどころか、そもそも虚栄心なんてものが微塵も感じられません。といっても、ケチなわけではなく、ホステスや黒服を見下すようなこともしません。もちろん個々を見れば、そうでない方もいらっしゃいますが、全体としてはそういう印象なのです。

 実際、常連のお客さまの中に、ひときわ地味でおとなしくて、一〇年近く何をされているのかわからなかった方が、ある日、雑誌に写真が載っていて、実は世界を股にかけて活躍している、誰もが知っている会社の社長だと知ったこともありました。

 同じように、いつもサンダル履きでお店にいらっしゃる方が、先祖代々、東京の一等地に広大な土地を持つ有名な一族だったということもありました。

 お客さまを見て思うのは、長期にわたって成功を収めている人には、他人をバカにしない、腰の低い人が多いということです。そして、海外出張の帰りにそのまま遊びに来るとか、翌朝が早い時でも閉店まで飲んでくださるとか、体力や気力がみなぎっています。

 「英雄色を好む」とはよく言ったもので、総じて女性が好きですが、奥さまへの義理立てからか、あえて結婚しているホステスを指名する律儀な方もいらっしゃいます。

 また、自己管理を徹底しているため、自分の酒量がわかっていて、お酒に飲まれてしまうことがありません。常に自然体でいます。見栄で無理をしたりしません。また、義理固くもあります。

 ある商社に勤める若い男性が部長に連れられてお店にやって来ました。その男性は後日、友達と二人でいらっしゃって、同じホステスを指名しました。

 ただ、懐が寂しかったため、正直に「今日は給料前なのであまりお金がないんです」と伝えました。すると、そのホステスは「あの部長さんの部下だから出世払いでいいわ」と、飲み代を立て替えてしまったんです。いわゆる「ツケ」ですね。

 後日、その男性はボーナスが出ると、ちゃんとツケを支払いに来ました。そのあとも定期的に白いばらに通ってくださるようになり、十数年後に出世して部長となって、若い部下を大勢連れてお見えになるようになりました。

 そして今でも、初めて白いばらに来た時からもう三〇年近く経っているのに、ずっとそのホステスを指名し続けているんです。「その節はありがとう」と。現在はお店としてツケはお断りしていますが、当時はこういう話がめずらしくありませんでした。借用書を書くわけでもないので、ツケを払わずに飲み逃げされてしまえばそれまでです。でも、そのくらい人を見る目があって、度胸が据わってないと、銀座でホステスを続けていくことなんてできないんです。

 常連のお客さまをつかむまでに、ホステスも勝負を重ねてきているのです。

 

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


山崎征一郎 [銀座・キャバレー「白いばら」元店長]

 

「白いばら」に50年間勤務し、店を支え続けた伝説の店長。
1941年、池袋生まれ。1960年、高 校卒業後、早稲田にあった予備校に入学。勉強がイヤで銀座を徘徊中、「ボーイさん募集」の看板を偶然見つけ、その日のうちに「白いばら」に入店する。翌 61年、高級クラブに移るが、62年に「白いばら」に再入店。1980年に店長に就任する。入店以来、2011年の退店まで50年間、ほとんど休まずに店 に立ち続けた。実直で飾らず、優しい人柄が多くの人に慕われ、経済界にも広い人脈を持ち、退店後の今もその関係は続いている。


日本一サービスにうるさい街で、 古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか

「白いばら」は銀座にただ1軒だけ残るキャバレー。創業80年以上の歴史を持つ老舗で、今でも200人以上のホステスが在籍し、連日多くの客で賑わっている。50年間お店に立ち続けた山崎元店長が初めて明かす「白いばら」が愛され続ける理由。
 

「日本一サービスにうるさい街で、 古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか」

⇒バックナンバー一覧