ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外資系投資銀行のエクセル仕事術 ウェブ版
【第35回】 2015年9月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
熊野整

エクセル週末起業(14)
企業とのタイアップで、新たなビジネスモデルが!

 前回は、企業研修に力を入れることで、収益性を高め、さらにセミナー事業を広げるという話をしました。今回は、その企業研修とは少し異なる、新しい企業向けビジネスを展開した話を紹介します。それが企業とのタイアップです。

 企業とのタイアップとは、たとえば企業がイベントを開催して多くの人に宣伝したいといった場合に、私のエクセル研修をイベントのネタに使ってもらうというものです。例を2つ紹介します。

(1)リクルートと、大学生向けエクセルセミナーを無料で開催

 リクルートキャリアが運営しているリクナビは、ご存じのとおり大手の就職情報サイトで、大学生は就職活動の際、まずはリクナビに登録します。リクナビとしては、できるだけ早く大学生に登録してもらい、より多くの就職情報を提供することを目指すわけですが、大学生も忙しいので、なかなか登録してくれない。そこで、リクナビは、大学生に対して、「いまリクナビに登録してくれたら、エクセルセミナーに無料で招待」とキャンペーンを行いました。これによって、リクナビの登録を促進させようとしたわけです。

 お金はどのように発生しているかというと、リクナビが私に対して講師料をお支払いただくという形になります。これによって、大学生は無料でセミナーを受講することができ、リクナビは安い費用でリクナビ登録を促進させることができ、私は講師料をいただくことができる、という形になります。

(2)ミクシィと、起業家向けエクセルセミナーを共同開催

 もう一つの事例は、ミクシィです。ミクシィはご存じのとおり、大手インターネット企業ですが、ミクシィはアイ・マーキュリーキャピタルというベンチャーキャピタルを有しています。彼らは投資先を探す、あるいは投資先と良好な関係を築くために、イベントを開催し、起業家を集めてコミュニケーション機会を作り出したいと考えました。その際に、そのイベントのネタとして、私がエクセルを使ってどのように収益計画を策定するかについて2時間レクチャーすることになりました。

 この収益モデルも、リクルートと同じく、ミクシィが私に講師料をお支払いいただく形になります。これによって、ミクシィは安価で起業家向けイベントを開催することができた、というわけです。

 このように、企業研修とは異なる、企業向けビジネスを展開していきました。個人向けセミナーとは違い、会場費もかからないので、利益率が高いのが特徴です。個人向けセミナーばかり開催していると、売り上げが上がっても広告宣伝費や会場費といった費用もかさむので、利益率の高い事業を合わせて展開することで、赤字リスクを抑えることができます。

 

スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    一流の磨き方

    一流の磨き方

    浜野安宏 著

    定価(税込):本体1,300円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    「一流」とは、上流でも、中流でも、下流でもない。お金で買える高級品でもない。一流とは「とらわれない力」であり、孤独であり続ける力。膨大な「経験」に裏打ちされて、しっかり底光りするものであり、仕事や遊びの時間と質が、人を本物へと磨き上げるものである。

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    熊野 整

    ボストン大学卒業後、モルガン・スタンレー証券投資銀行本部に入社し、大型M&Aや資金調達プロジェクトをリード。退社後はグロービス経営大学院にてMBA取得、その後、大手上場インターネット企業に入社し、事業責任者として事業計画の立案から戦略遂行までを行う。現在は、スマートニュース株式会社にて、収益計画策定、資金調達、上場準備など財務企画業務全般をリード。「グローバル投資銀行のエクセルスキルを、分かりやすく伝えたい」というモットーの下、2013年10月から週末に個人向けエクセルセミナーを開催したところ、参加者数は1年で3000人を超え、大人気セミナーとなった。現在は、個人向けセミナーに加えて、企業研修も数多く開催しており、多くのビジネスパーソンの収益計画の作成指導を行っている。https://www.facebook.com/simulation2013/

     

     


    外資系投資銀行のエクセル仕事術 ウェブ版

    『ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術』著者の熊野整による、エクセルと外資系投資銀行の仕事術のあれこれを集めた連載です。

    「外資系投資銀行のエクセル仕事術 ウェブ版」

    ⇒バックナンバー一覧