ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

気づかぬうちに自分名義の借金800万!
堅実なサラリーマンが嵌った“転落結婚”(下)

露木幸彦 [露木行政書士事務所代表]
【第12回】 2015年9月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

>>(上)より続く

「人間ATM? マジうけるんだけど」
妻の携帯に届いたメール

 「別れ話になったとき、彼女の携帯がどうも憎らしくて仕方がありませんでした。こんなオモチャのせいで、私は大きな借金を背負い、ブラックリストに入り、人生を台無しにされたのです。私は思わず、携帯を掴んで、そのまま壁に放り投げようとしたのです」

 たまたまその瞬間、携帯が1通のメールを受信したそうです。嫌がる彼女を制して、受信メールを開封しました。差出人は彼女の友達でしたが、とんでもないことが書かれていたのです。

 「人間ATM? マジうけるんだけど」

 携帯の場面を見たとたん、大地さんはわなわなと手が振るえだしました。

 「おれのことか……」

 結局、自分は「金ヅル」であり、「都合のイイ男」でしかなかったのか。妻の実像がそのとき、はっきり分かりました。

 たとえ戸籍上、妻という立場にあっても、生活費以外の目的で、夫の口座からお金を引き出したり、カードを切ったりすることは法律上、認められていません。そのことを彼女に伝えたうえで、全額は難しいにしても、借金の一部を彼女に負担させるよう、私は大地さんにアドバイスしました。

 しかし、大地さんは私のアドバイスを、行動に移すことができませんでした。妻の異常な物言い、異常な行動を目の当たりにして、心も体も拒否反応を起こしていたからです。彼女のことを思い出すたびに、頭のなかが急激に熱くなり、顔から脂汗が染み出てくる。心にグサっという振動が走り、言葉が出なくなる、話せなくなる…とても、彼女を説得できる状態にはありません。大地さんは彼女が勝手にしでかした借金800万円を、自分で背負うしかありませんでした。

 当然、離婚となりました。

 大地さんにはもちろん、自己破産をし、借金を帳消しにする選択肢もありました。しかし、自己破産は彼のプライドが許さなかったのです。実生活上の不都合も問題でした。大地さんは妻がつくった借金を踏み倒すことはせず、そのまま全額、返すことに。

 私の計算では、完済するまで10年近くかかりそうですが、貯金が上手な彼のことなら、もっと早い時期に完済し、人生の再スタートを切れそうです。

 一方で彼女は常識的にも法律的にも、許されない行動を繰り返したにもかかわらず、今回の件では、何の制裁を受けることなく、そのまま野放しにされました。これは獲物に飢えた、獰猛な野獣を、街中に放ったようなものです。次の標的を見つけるため、彼女はお金の臭いがするところへ行ったのではないでしょうか。その後の彼女の人生については、私が知る由もありませんが。

被害額800万円はまだマシなほう
男女問わず「結婚貧乏」は珍しくない

 実をいうと、大地さんの件は、「まだマシなほう」です。「被害額」も多いわけではありません。もっとすごい借金を背負わされてしまった「結婚貧乏」の人は、男女を問わず、決して珍しい存在ではないのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

露木幸彦[露木行政書士事務所代表]

つゆき・ゆきひこ/行政書士、フィナンシャルプランナー。1980年生まれ。国学院大学卒。男性の離婚相談に特化した行政書士事務所を開業し、開業から6年間で有料相談件数7000件、法律文書作成900件を達成。公式サイトは1日訪問者3300人、会員数は1万3000人と、業界では最大規模にまで成長させる。2008年よりドコモ、au、ソフトバンクの公式サイトで法律監修を担当。四半期に一度、大相談会を開催している。主な著書に『結婚貧乏~結婚してはいけない人を避ける方法』(中央公論新社)、『離婚のことばハンドブック~今すぐ解決したい人のキーワード152』(小学館)、『男のための最強離婚術』『男の離婚 賢く有利に別れるための6つの成功法則』(共にメタモル出版)などがある


実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

昨今の離婚事情は複雑化している。夫が借金、浮気、暴力を繰り返して妻に愛想を尽かされるという「昭和型離婚」ばかりでなく、足もとでは「草食系離婚」も急増している。妻が多重債務、不倫、ヒステリーなどを繰り返し、真面目で優しい夫がそれに絶えられなくなって離婚を決意するというパターンだ。そうしたなか、離婚トラブルで悩み悶える男性が増えている。一度離婚トラブルに発展すると、男性は多くの精神的・物理的な負担を強いられる。到底納得できない理不尽な離婚トラブルに意図せず巻き込まれた場合に備えて、普段から対処法を考えておくことは必要だ。「男性の離婚相談」に特化し、数多くの相談実績を誇る行政書士の露木幸彦氏が、毎回実例を挙げながら、男性が陥り易い離婚トラブルへの対処法を指南する。読まずに泣くか、読んで笑うか――。現在離婚トラブルで悩んでいる人もそうでない人も、「他人事ではない男の離婚」について考えるための参考にしてほしい。

「実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦」

⇒バックナンバー一覧