ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

財務省権力の復活と拡大

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第125回】 2010年4月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 3月30日に民主党の「デフレから脱却し景気回復を目指す議員連盟」の第1回の会合が行われた。勉強会の講師は、なんと民主党が総裁就任を拒否した武藤前日銀副総裁だったという。会合では、日銀の政策に批判が集まったようだ。

 日本の現状がデフレであることと、デフレ対策にあって日銀がもっと手を打つべきだということについては筆者も異論はない。日銀は、あまりに消極的過ぎる。

 ただ、日銀の独立性に国会議員から見直しの声が出て、その場にかつての財務次官であった武藤氏がいる構図は、財務省の力の拡大を象徴しているのではないか。

 振り返ると、日銀の独立性を強化する日銀法の改正は、一連の過剰接待問題などで旧大蔵省が批判を受けた流れの延長線上にあった。当時、大蔵省の権力が過大であるとされて、同省は財務省と金融庁に分割され、金融政策に関して日銀の地位が強化された。旧大蔵省の権力とイメージは、共にあの頃がボトムであった。

 しかし、それで終わらずに、長期的な巻き返しができるところが、官僚組織の強みであり、特に、予算と税金を握る官庁である財務省の力は別格だ。

 民主党政権になってから、かつての大物次官であった斎藤次郎氏が日本郵政の社長に就き、2010年度予算はほぼ完全に財務省のペースで進み、最近では、同省の積年の目標である消費税率の引き上げに対する環境を整えつつある。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧