ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ゆうパックの約半額で宅配市場に挑む!
エコムー便のユニークなビジネスモデル

吉田由紀子
2015年10月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 皆さんは宅配便を送る場合、どういったサービスを利用しているだろうか。多くの方はヤマト運輸や、ゆうパックなどの大手を選んでいるに違いない。日本の宅配便は、これら既存の大手が非常に強く、小規模のベンチャー企業が参入するのは厳しい現状がある。

個人宅配便の日本最安値に挑戦するエコムー便。お客様コールセンターを設置しており、ネット上で荷物の追跡も簡単にできる

 そんな中、今夏、新しいサービスが登場した。格安宅配のエコムー便である。80サイズ(3辺合計80cm未満、5kg未満)が680円、160サイズ(同160cm未満、30kg未満)が980円の設定になっている。

 ゆうパックで同一県内に送る場合、160サイズは1780円なので、かなり安い料金設定だということがお分かりだろう。

 利用は簡単だ。ネットに必要事項を入力し、集荷を依頼。そのままクレジットカードで決済をする(コンビニ決済も可能)。送り状を準備する必要はない。あとは集荷に来るのを待つだけだ。7月のサービス開始以来、注文数は急速に伸びており、知名度も上がってきている。

 「去年の夏のお中元期に、ゆうパック配達のアルバイトをしたんです。その時に引越しの荷物をダンボール箱で送っている方がいて、賢い方法だなと感心しました。それが事業のヒントになったんです」と起業の経緯を話すのは、エコムー便を運営する合同会社トリップ・トラックスの田中秀二郎さん。

 以前は飲食業界にいた田中さんは、アルバイトでの体験がきっかけとなり宅配業界の現状を勉強。個人が参入するには、まず大手と連携するのが一番と分かり、その方法を模索していた。しかし、大手に話を持ちかけても門前払いをくらったり、話が進んでも途中で頓挫をしたりと、連携するのは簡単ではなかった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


消費インサイド

今の世の中、いったいどんな商品やサービスが流行っているのか? それを日々ウォッチすることは、ビジネスでヒントを得るためにも重要なこと。世間でにわかに盛り上がっているトレンド、これから盛り上がりそうなトレンドを、様々な分野から選りすぐってご紹介します。

「消費インサイド」

⇒バックナンバー一覧