ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株安にも勝てる!利回り10%投資の世界byダイヤモンドQ

格付け高いのに利回り10%債券も!
債券投資をするなら日本より香港

ダイヤモンドQ編集部
【第9回】 2015年10月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

香港で購入できる債券(社債・国債)の種類、量については、投資信託以上に日本との差が顕著に出た。ダイヤモンドQ変種部が、香港はHSBC(香港上海銀行)、日本は野村證券で扱っている代表的な債券を比較してみた。

 香港はHSBC香港のホームページ、日本は野村證券のホームページを基に比較してみた。日にちは8月29日。利回りは発行したときの当初利回りとした。割引債などは除外した。HSBCはネットで購入可能だが、野村證券は店舗を通じて購入する必要がある。日本のネット証券はネット購入が可能だ。

 そこで分かったのが、香港で購入できる債券の利回りの高さ。トップのフィリピン政府の国債は9.88%と高く、格付けは投資適格に収まっている。マレーシアの政府系資源会社であるペトロナスキャピタルも7.88%で、ムーディーズ格付けがA1と悪くない。金額が1000万円を超えるものも交じっているが、安いものは10万円以下でも投資可能だ。債券の内容もさまざま。日本では海外の外貨建て債券は国債、国営企業くらいしかないが、香港では民間企業の債券も扱っている。

 対する日本で購入できる債券は、外貨建てについては、米州開発銀行の6.25%が最高利回り。ニュージーランド国債、カナダ国債などが続く。円建て債券に目を転じると、ソフトバンクグループの普通社債が1.26%で最高で、日本国債となると1%にも満たない。

 なぜこうした差が生まれてしまったのか。

 「香港ではユーロ市場や香港で起債された債券が目を引く。人民元建て債券が注目されているが、中国系の金融機関が発行した債券は香港でしか手に入らない。そもそも日本市場は販売までの手続きが複雑で、基本的には個人投資家が購入できる単位に分割されて販売されることはまれだ」(小池正一郎・グローバルマーケットアドバイザー)と説明する。

 海外での債券投資には、日本では味わえない「うまみ」もある。

1
nextpage

「資産運用についての悩み」を解決したいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。老人ホーム選び、病院選びから、資産運用、保育園選びまで、重大な決断を骨太の記事やランキングで手助けします。

2015年11月号 好評発売中(税込780円)

ダイヤモンドQ2015年11月号

第1特集「利回り10%投資の世界」
株安下でも資産を増やしたい人は必読!

第2特集「資産価値を上げるマンション大規模修繕」
大規模修繕や建て替えの知識やノウハウを紹介

第3特集「日本のベスト温泉&温泉宿100」
宿泊者調査でベスト温泉100と温泉宿100をランキング

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ダイヤモンドQ編集部

あなたのQuestionにズバっと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。保育園選び、学校選び、病院選び、老人ホーム選びなど、人は人生の節目で重要な決断をしなければなりません。ダイヤモンドQは、ランキングやエッジの聞いた骨太の記事であなたの「知りたい」に答えていきます。詳しくはホームページ[http://www.diamond.jp/gr/q]をご覧ください。


株安にも勝てる!利回り10%投資の世界byダイヤモンドQ

長らく超低金利が続いており、さらには夏以降の株価下落を受けて、資産運用に困っている人は多いのではないだろうか。そもそも日銀はインフレターゲット2%の目標を掲げており、それを上回る運用を目指さなければ、資産を守ることさえ難しいという、大変厳しい時代だ。そこで、資産を防衛したい、ちょっとでも増やしたい、株安局面でも関係なく資産を増やしたいというあなたに、少なくとも10%前後のリターンが取れるような商品を紹介しよう。

「株安にも勝てる!利回り10%投資の世界byダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧