ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株安にも勝てる!利回り10%投資の世界byダイヤモンドQ

香港で投信を買うメリットは?
日本での運用成績を凌駕

ダイヤモンドQ編集部
【第8回】 2015年10月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

香港で購入できる投資信託は、長期運用で見る限り、日本で購入できる投資信託よりも量、質共に優れている…。そんな結果がダイヤモンドQの取材で分かった。ここでは、モーニングスター香港と同日本の情報を基に比較した。

 短期よりも長期運用でお金をじっくり増やしたいという人は、どこで資産運用するのが有利なのだろうか。ここでは、長期に投資信託で資産運用する場合、日本と香港ではどちらが有利かを比較してみた。

 具体的には、モーニングスター香港、モーニングスター日本のデータを基に、10年リターン(年率)が高い順にランキングを作成。モーニングスター・レー ティング4つ星、5つ星が対象。詳細はダイヤモンドQ11月号を参照してほしい。

 比較して分かったのが、香港の方が運用成績がいい投資信託が多いということ。今回は10年リターンの大きさで比較したが、香港は利回り15%以上(年率)のものが8本に対して、日本は1本だけしかなかった。

 香港の投資信託の方が選択肢の幅も広い。

 10年以上の運用実績があり、カテゴリー平均よりも成績が上という「買いたい対象」になり得る投資信託の数は、香港が1112であるのに対して、日本は391。次々と新しいファンドが生まれては消えていく日本とは違い、じっくりと腰を据えた運用をする投資信託が多い。商品の寿命の長さが、長期運用の成績の差になっているのだろう。

 香港のランキングで上位に顔を出している運用会社のバリューパートナーは、アジアで最大級の資産運用会社の一つ。資産運用額は165億㌦。香港証券取引所に上場しており、中国株などを対象としたロング・ショートのヘッジファンド、上場投資信託、債券ファンドなどを、アジア、米国、欧州で販売している。

 バリューパートナーは日本に拠点を持っていない。日本の投資信託の資産運用を一部受け持っているため、日本で購入することは可能だが、こうした投資信託はどうしてもコストが高くなりやすい。

次のページ>> 香港に行く必要あり
1
nextpage

「資産運用についての悩み」を解決したいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。老人ホーム選び、病院選びから、資産運用、保育園選びまで、重大な決断を骨太の記事やランキングで手助けします。

2015年11月号 好評発売中(税込780円)

ダイヤモンドQ2015年11月号

第1特集「利回り10%投資の世界」
株安下でも資産を増やしたい人は必読!

第2特集「資産価値を上げるマンション大規模修繕」
大規模修繕や建て替えの知識やノウハウを紹介

第3特集「日本のベスト温泉&温泉宿100」
宿泊者調査でベスト温泉100と温泉宿100をランキング

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ダイヤモンドQ編集部

あなたのQuestionにズバっと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。保育園選び、学校選び、病院選び、老人ホーム選びなど、人は人生の節目で重要な決断をしなければなりません。ダイヤモンドQは、ランキングやエッジの聞いた骨太の記事であなたの「知りたい」に答えていきます。詳しくはホームページ[http://www.diamond.jp/gr/q]をご覧ください。


株安にも勝てる!利回り10%投資の世界byダイヤモンドQ

長らく超低金利が続いており、さらには夏以降の株価下落を受けて、資産運用に困っている人は多いのではないだろうか。そもそも日銀はインフレターゲット2%の目標を掲げており、それを上回る運用を目指さなければ、資産を守ることさえ難しいという、大変厳しい時代だ。そこで、資産を防衛したい、ちょっとでも増やしたい、株安局面でも関係なく資産を増やしたいというあなたに、少なくとも10%前後のリターンが取れるような商品を紹介しよう。

「株安にも勝てる!利回り10%投資の世界byダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧