HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

「引きこもり」するオトナたち

家族5人を殺傷した引きこもりは
なぜ「ネット解約」に殺意を抱いたのか

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第18回】

 「引きこもり」という言葉が、メディアでも再びクローズアップされるようになった。

 きっかけの1つには、4月17日未明に愛知県豊川市で起きた一家5人殺傷事件の影響もあるのだろう。容疑者の長男(30歳)は、約15年間、家で「引きこもり」状態にあったことがわかり、全国で同じような状況にある当事者や家族に、大きな衝撃を与えた。

 あまり報道されていないが、5日前の4月12日にも、北海道北見市で、やはり「引きこもり」状態だった長男(23歳)が、両親を殺傷する事件を起こしている。とはいえ、このような殺人事件にまで至るのは、これまで表面化したケースを見る限りでは、年間に数件程度だという。

 厚生労働省の訪問面接調査によると、20~49歳の対象者1660人のうち、平均で1.2%が、これまでに「ひきこもり」を経験していたと、2010年2月、内閣府主催の公開講座の中で公表している。08年度の20~49歳の人口は、5118万2000人だから、単純計算すれば、20~49歳の「引きこもり」経験者は、61万4000人余りに上る。

 しかも、自らが「引きこもり」であるとは思っていない人や、言われなき中傷を恐れて、身を隠したがる当事者も少なくない。そもそも、地域に潜在化して引きこもっている以上、面接官による訪問調査自体を拒絶している可能性も容易に想像がつく。

 一方、子どもがいる世帯の0.5%は「ひきこもり」状態の子どもが現在、家にいると回答。我が国の25万5510世帯に「ひきこもり」者がいるとも推計している。

 NPO「全国引きこもりKHJ親の会(家族会連合会)の奥山雅久代表は「世間体を気にして、引きこもりの存在を隠す家族も少なくない。実際には、この数倍以上に上るのではないか」と指摘。一説には、100万人とも200万人とも推計されている。

 そんな膨大な数の中で、殺人事件が年に数件程度ということだから、事件化するのは希有な例といっていい。

ネットと身近な家族を
「世界のすべて」と感じてしまう

 さて、豊川市の事件の場合、長男が殺害された父親(58歳)のクレジットカードを勝手に使い、ネットオークションなどで200~300万円の借金をつくっていた。そして、インターネットの回線を止められたことが事件の引き金になったという。

 家族は、「ネットを解約するように」と警察や県などからアドバイスを受けていたことが、一部報道で報じられている。しかし、長男にとってネットを切断されることは、社会との唯一の接点を遮断されることでもあったのかもしれない。

1 2 3 4 >>
このページの上へ

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧