ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株安にも勝てる!利回り10%投資の世界byダイヤモンドQ

手軽に買える投資信託
アクティブ運用型は実績で判断を

ダイヤモンドQ編集部
【第10回】 2015年10月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

資産運用をする際に最も手軽な商品の一つが投資信託だ。そこで、楽天証券経済研究所のファンドアナリストの篠田尚子氏におすすめの投資信託をピックアップしてもらった。

 投資信託に投資するなら、手数料が安いネット証券がお勧めだ。

 ネット証券の中でも取り扱う投資信託数が最多であるのは楽天証券。そのため、投資家の細やかなニーズに合わせたファンドが選べるメリットがある。また手数料無料のノーロードのファンド取扱数も多い。今回、おすすめ12本のファンドのうち、10本がノーロードだ。パフォーマンスを上げるためには手数料ができるだけ安い方がいい。

 ではどんな投資信託がおすすめか。

 「まずは国内株式に投資する『ニッセイ日経225インデックスファンド』。これはもともと確定拠出年金向けの専用ファンドとして展開され、その後一般の投資家にも広まった人気商品です。運用成績も良く信託報酬が低い点でも優良なファンドです」(楽天証券ファンドアナリストの篠田尚子氏)

 同じく国内株に注力したもので挙げれば、「ネット証券専用ファンドシリーズ日本応援株ファンド(日本株)」も狙い目。こちらは割安と判断される30~50銘柄に絞って投資するファンドで、東証1部上場以外にジャスダックやマザーズ上場まで幅広く含むところが特徴でもある。

 外国債券を基本にしたファンドからセレクトするなら、「シュローダー・グローバル債券戦略ファンド(1年決算型)Aコース(為替ヘッジなし)」と「国際エマージング・ソブリン・オープン(1年決算型)」だ。前者は、景気サイクルや金利動向に合わせて複数種類の債券に投資を行う、いわば債券のアクティブファンドで、後者はリスクが比較的高い新興国債券に投資するハイリターン狙いのファンド。いずれも値動きが大きいために、投資額は少なくしておくのが賢明だ。

次のページ>> リスク分散型もある
1
nextpage

「資産運用についての悩み」を解決したいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。老人ホーム選び、病院選びから、資産運用、保育園選びまで、重大な決断を骨太の記事やランキングで手助けします。

2015年11月号 好評発売中(税込780円)

ダイヤモンドQ2015年11月号

第1特集「利回り10%投資の世界」
株安下でも資産を増やしたい人は必読!

第2特集「資産価値を上げるマンション大規模修繕」
大規模修繕や建て替えの知識やノウハウを紹介

第3特集「日本のベスト温泉&温泉宿100」
宿泊者調査でベスト温泉100と温泉宿100をランキング

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ダイヤモンドQ編集部

あなたのQuestionにズバっと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。保育園選び、学校選び、病院選び、老人ホーム選びなど、人は人生の節目で重要な決断をしなければなりません。ダイヤモンドQは、ランキングやエッジの聞いた骨太の記事であなたの「知りたい」に答えていきます。詳しくはホームページ[http://www.diamond.jp/gr/q]をご覧ください。


株安にも勝てる!利回り10%投資の世界byダイヤモンドQ

長らく超低金利が続いており、さらには夏以降の株価下落を受けて、資産運用に困っている人は多いのではないだろうか。そもそも日銀はインフレターゲット2%の目標を掲げており、それを上回る運用を目指さなければ、資産を守ることさえ難しいという、大変厳しい時代だ。そこで、資産を防衛したい、ちょっとでも増やしたい、株安局面でも関係なく資産を増やしたいというあなたに、少なくとも10%前後のリターンが取れるような商品を紹介しよう。

「株安にも勝てる!利回り10%投資の世界byダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧