ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

テレビがパソコンと簡単につながる!
にわかに普及する「HDMI端子」

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第39回】 2008年8月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 いよいよ、液晶やプラズマなどの「大画面テレビ」が普及モードに入って来た。店頭では、一回り小さな20型ワイド程度のテレビもよく売れているという。もはやブラウン管テレビはほとんど見あたらなくなった。すでにご存じのように、放送波もデジタルへの移行が確実で、テレビの画質が大きく向上しようとしているのだ。

 ところで、テレビはブラウン管から液晶などへ変わっただけでなく、実は端子類も進化しているのをご存じだろうか。これまで、テレビにゲーム機やDVDプレーヤーを接続するには、音声と映像の入力端子を利用していた。赤、白、黄色のおなじみの端子だ。テレビのリモコンで「入力切替」ボタンを押すと、これらの端子に接続した機器のコンテンツが表示できたわけだ。

 ところが、この端子はあくまでもアナログのデータをやり取りするために作られた。早い話が「規格としても古い」のである。

 そこで最近普及しつつあるのが、「HDMI端子」だ。大画面テレビが登場した頃は、HDMI端子を搭載していない機種が多く、高級モデルにのみ採用されていた。ところが、ここへきて一気にHDMI端子が普及モードに入り、ほとんどの機種に採用されるようになったのだ。

複雑な入力端子が不要に!
普及モードに入る「HDMI端子」

 実は、国内のデジタル放送視聴用には、D端子が標準で採用されていたのだが、データ伝送がアナログなので権利保護に不安がある。そのため、HDMIの標準化に勢いが付いているのだ。

 また、D端子は、映像のみのやり取りに対応する。つまり、音声のやり取りは別途「赤・白」のケーブルを接続しなければならない。要は従来の端子の「黄色」が置き換わっただけだ。それに対してHDMI端子は、1本で高画質な映像と音声のデータをデジタルのままで伝送できるので、とてもわかりやすくて便利だ。

 テレビは、最終的に映像を表示するのが役割なので、やたらに入力端子が増えてしまうとややこしいが、少なくとも今後はHDMI端子が主流になっていくことは間違いないだろう。最新のレコーダーやゲーム機などのデータを送り出す側も、これを標準搭載するようになってきた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧