ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
三谷流構造的やわらか発想法

二子玉川の新名所・RISEは東急電鉄30年の悲願!

三谷宏治 [K.I.T.虎ノ門大学院主任教授]
【第124講】 2015年10月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

二子玉川RISE完成。大賑わいの半年間

 二子玉川(*1)は、いま、東京で最も注目されている街かもしれません。駅東口に拡がる、二子玉川RISE(ライズ)開業のためです。

二子玉川RISE 三谷撮影

 ただもともと二子玉川は高島屋がつくった街です。1969年に日本で最初のショッピングセンターである「玉川高島屋S・C」が駅の西口に出来、以来発展(*2)を続けてきました。

 玉川高島屋S・Cは、渋谷まで11分という距離でありながら2000台分の駐車場を擁し、年間来店者数1700万人(*3)、売上高1000億円弱(*4)を誇る、日本最大級のショッピングセンターなのです。

玉川高島屋S・C 三谷撮影

 そこに2011年3月、「二子玉川RISEショッピングセンター」が開業しました。駅から一体化されたガラス屋根付きの巨大な開放空間「ガレリア」は、安心・安全・無料の広場として人気の場所となり、乳幼児連れの女性陣や若夫婦を呼び寄せました

二子玉川RISEショッピングセンター 三谷撮影

 今年のゴールデンウィーク(GW)には、「同テラスマーケット」が開業し、RISEはその完成をみました。テラスマーケットの各店舗はカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が運営する「蔦屋家電(つたやかでん)」が入り、その大胆かつ驚きに満ちた店づくり(*5)が、多くの人々を惹きつけました。

 GW中のRISE来館者は1日11万人に達し、二子玉川駅利用者の数は、なんと前年比26%増となりました。

 夏には同地区に建てられた高層オフィスビル「クリムゾンタワー」への、楽天本社移転が完了し、新たに1万人が二子玉川で働くことにもなりました。

 玉川高島屋も負けてはいません。本館や新館の改装・増築を重ね、9月にはそのマロニエコートを増床し“世界一の朝食”bills(ビルズ)をオープンしました。

 二子玉川の賑わいは、RISE完成から半年を過ぎた今も続いています。

*1 二子玉川という地名はない。ここでは世田谷区の玉川、瀬田、岡本、鎌田などを指す。ちなみに地名としての二子は、多摩川の向こうの川崎市に存在する。
*2 開発主体は高島屋子会社の東神開発。
*3 東京ディズニーランドと同じくらい。車客は年間200万台分で、客単価がそれ以外の客の数倍にのぼる。
*4 玉川高島屋(百貨店)との合算値。専門店のみだと502億円(2014年度)で全国8位。
*5 CCC増田社長は開店1ヶ月時点では「家電部分はまだ10点」と評していた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

三谷宏治 [K.I.T.虎ノ門大学院主任教授]

1964年大阪生まれ、福井育ち。小1のとき読書と読みかじりを人に教える快感に目覚め、駿台予備校では教えることの技術に衝撃を受ける。東京大学 理学部物理学科卒業後19年半、BCG、アクセンチュアで戦略コンサルタントとして働く。2003年から06年までアクセンチュア 戦略グループ統括。途中、INSEADでMBA修了。
2006年から教育の世界に転じ、社会人教育と同時に、子どもたち・親たち・教員向けの授業や講演に全国を飛び回る。「決める力」「発想力」と「生きる力」をテーマに毎年8000人以上と接している。現在K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 主任教授(MBAプログラム)の他に、早稲田大学ビジネススクール、グロービス経営大学院、女子栄養大学で客員教授、放課後NPO アフタースクール及びNPO法人 3keys 理事を務める。永平寺ふるさと大使。
著書多数。『一瞬で大切なことを伝える技術』(かんき出版)は啓文堂書店2012ビジネス書大賞、『経営戦略全史』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はダイヤモンドHBRベスト経営書2013第1位、ビジネス書大賞2014大賞、『ビジネスモデル全史』(同)はHBRベスト経営書2014第1位となった。
HPは www.mitani3.com

 

 


三谷流構造的やわらか発想法

発想法ってなんのために存在するのでしょう? ヒトと違うアイデアや答えを出すためです。統計的に有意な戦略なんて、定義により無価値ですし、統計的に正しい発想法なんてあるわけがありません。発想に「普遍性」や「高確率」を求めるなんてそもそも矛盾しているのです。発想法も、然り。これまでと違うものを生み出すには、新しい発想法がいま求められているのです。

「三谷流構造的やわらか発想法」

⇒バックナンバー一覧