ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ホリエモン的常識

携帯料金の値下げは、掛け声だけの看板倒れ、かな
【ホリエモン的常識】

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]
【第54回】 2015年11月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
Q.総務省が携帯電話の通信料金の値下げに関する議論を開始しました。政府は値下げの妙案はあるのでしょうか。また、堀江さんは携帯の通信料金やその他サービス料金に関して高いとお考えですか。

総務省はどこまで本気で、どこまでポーズなのか
利権を手放してまで競争させる気があるのかなぁ

A.日本の場合、携帯電話は大手3キャリアの寡占状態になっています。そのため3社のシェアが均衡してくるにつれて、3社はそれ以前に比べて激しい競争を繰り広げなくなります。

 シェア最下位だったソフトバンクも、首位のNTTドコモとの差が縮まるにつれて、あまり値下げをしなくなりました。これはある面、当たり前です。

 新規参入がない、つまり後から追ってくる者がいないために、収益がある程度安定する。収益が安定してきたことで、今度は一歩進んで獲得した余剰利益を米国事業につぎ込む。そうした流れでソフトバンクは米国で携帯会社第3位のスプリント社を買収した。

 つまり、日本で料金を値下げして、競争を激しくするよりも、余剰資金を得て海外に打って出た方が事業が拡大できるわけですね。

 したがって、もし国内の通信料金を引下げようと考えるのであれば、ます大手3社の次の会社がどんどん新規参入して競争が進むように、制度自体を改革する必要があります。

 そのためには、例えばMVMO(仮想移動体通信事業者)に対して回線の貸出しを行う業者に対して何らかの優先条件を付して周波数の割当てのオークションを行うなどの方法が考えられます。

 これまでは、電波の利用を希望する民間企業に電波の周波数帯を割り当てる際の総務省が選定基準が不透明で、これがいわゆる電波割当利権の温床とも言われてきました、周波数オークションは、そうした利権をなくすための格好の手段でもあります。

 しかし、現在の電波業界は、政府・総務省と携帯キャリアが持ちつ持たれつのムラ社会の寡占状態を維持したままです。そんな総務省主導による料金値下げプランに、どの程度の実効性が期待できるのか。不透明ですね。

Q.8月にデンマークで行われたアイアンマンレース(トライアスロン)に出場され、“しくじり“とはならず、見事に完走されました。ゴールは遠い先に見えていても、そこまでの道筋が途方もない、仕事においてそのような状況に直面したとき、堀江さんは何を考えて進むのでしょうか。また、そのための哲学はお持ちですか。

身構えずに細やかな幸せを楽しむくらいに気持ちで十分
もともとはダイエットの延長戦で始めたことだし

A.哲学なんで、そんな超くだらないことは考えていません。

 そもそもアイアンマンレースは、ダイエットの一環として始めたトライアスロンの延長線上です。これに出場することも、もとを辿れば友人との飲み会の席での勢いで決めただけです。

 たから、ゴールまで途方もない道筋であるといった大仰なとこは基本的に考えていません。ただ、ダイエットしながら、今を一生懸命に生きるだけです。

 スイム、バイク(自転車)、マラソンのうち、スイムに関しては、実は身体に負担がほとんどかからないものなので、ある程度ゆったりとしたスピードであれば、何キロメートルでも泳げるものです。

 バイクはやや無理な姿勢で続くため、腰や首に負担がかかりますが、走っているときは、他の選手と抜きつ抜かれつしながら、沿道の方々の声援を受けたりして、結構楽しく走ることができました。

 このように、特に競技中はとにかく身近なところ目標や楽しみを置きながら続けるといいですね。

 バイクであれば、10~20キロメートルごとに補給の施設(エイドステーション)があるのですが、そこでのドリンクの補給をけっこいう楽しみにしていました。最後のフルマラソンも1~2キロごとにあるエイドステーションで、コーラやレッドブルを飲むことを楽しみにしていました。

 その程度のことですが、目標に辿りつくためにた、あまり大げさに考えずに、そうした身近な小さなことを目標にするとメリハリがついて、チカラが沸いてきました。

毎週月曜日に配信!

あのホリエモンのメルマガがダイヤモンド社から配信開始

  • 毎週月曜日は、通常号「堀江貴文 ブログでは言えない話」
  • 毎週火曜日は、DPMだけの特別配信「ホリエモン的常識」
    (週刊ダイヤモンド連載生原稿)

メルマガ申し込みへ

●橘玲、闇株新聞などダイヤモンド社の著者がメルマガを配信!DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]

1972年福岡県八女市生まれ。血液型A型。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で一気に時代の寵児となる。しかし2006年1月、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され懲役2年6ヵ月の実刑判決を下される。2013年11月に刑期を終了し、ふたたび自由の身となって「ゼロ」からの新たなスタートを切った。自身のブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」で独自の見解を展開中。著書に『徹底抗戦』『人生論』『希望論』など。TV、ラジオ、インターネット番組と幅広く活躍中。


ホリエモン的常識

日本で一番有名な企業家、ホリエモンが世間の常識に囚われずに、本音の回答を行なうQ&A連載がスタート。

毎回、起業、IT、テクノロジー、経済、時事問題などあらゆるジャンルの質問に答えていきます。質問は以下から q-horie@diamond.co.jp  週刊ダイヤモンドでの連載と連動し、DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)では、フルバージョンでの配信も行ないます。

「ホリエモン的常識」

⇒バックナンバー一覧