ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ずるい暗記術
【第8回】 2015年11月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐藤大和 [弁護士]

記憶力を最大化するために必要な2つのコツ
出口汪×佐藤大和対談【前編】

1
nextpage

ただやみくもに知識を詰め込むことが、勉強ではない。正しい勉強法を知っているのと知らないとでは、勉強の成果は一目瞭然。『出口汪の「最強!」の記憶術』が5万部のロングセラー。”受験の神様”ともいわれている出口汪さんを迎え、一生使える勉強法について語ります。(取材・文/狩野南 撮影/熊谷章)

「論理」と「アウトプット」で記憶を定着させる

出口汪(でぐち・ひろし)1955年東京生まれ。関西学院大学大学院文学研究科博士課程修了。広島女学院大学客員教授、論理文章能力検定理事、東進衛星予備校講師、出版社「水王舎」代表取締役。現代文講師として、予備校の大教室が満員となり、受験参考書がベストセラーになるほど圧倒的な支持を得ている。また「論理力」を養成する画期的なプログラム「論理エンジン」を開発、多くの学校に採用されている。著書に『出口の好きになる現代文』『出口のシステム現代文』『出口先生の頭がよくなる漢字』シリーズ『子どもの頭がグンと良くなる!国語の力』『芥川・太宰に学ぶ心をつかむ文章講座』『大人のための本当に役立つ小学生漢字』(以上、水王舎)、『出口汪の新日本語トレーニング』『出口汪の新日本語トレーニング』『出口汪の日本語論理トレーニング』シリーズ(小学館)、『東大現代文で思考力を鍛える』(大和書房)、『出口汪の「日本の名作」が面白いほどわかる』(講談社)、『マンガでやさしくわかる論理思考』(日本能率協会マネジメントセンター)、『やりなおし高校国語・教科書で論理力・読解力を鍛える』(筑摩書房)など。小説に『水月』(講談社)がある。

・公式ブログ
「一日生きることは、一日進歩することでありたい」
・オフィシャルサイト
http://deguchi-hiroshi.com/
・ツイッター @deguchihiroshi

佐藤 出口先生といえば、私たちの年代にとっては“受験の神様”です。

出口 いえいえ、とんでもないです(笑)。

佐藤 私も先生の現代文の本や教科書で受験勉強してきたので、こうやって対談することになるなんて夢のようで、冷や汗が出ていますよ(笑)。

出口 いやいや、私も今回の佐藤先生の『ずるい暗記術』をとても面白く読ませていただきましたよ。

 一見正攻法ではないようにみえて、その裏にはちゃんと「論理」があるし、脳科学に基づいた暗記術を提案されているなぁと思いました。

佐藤 ありがとうございます! 先生の『出口汪の「最強!」の記憶術』でも、論理と脳科学を記憶に結びつけられていますよね。

出口 そうですね。論理というのは、物事の筋道のこと。それがない状態でやみくもに暗記しても、脳に記憶は残らないし、知識としても使えないんです。佐藤先生は、勉強するうちに自然と論理力を鍛えていたんじゃないですか?

佐藤 そうかもしれません。ただ、私は、本にも書きましたけれど、高校時代は偏差値30で学年ビリ。勉強ができると、胸を張れるものではなかったんです(笑)。先生は学生時代、どうでしたか?

出口 私も勉強嫌いで劣等生でしたよ(笑)。3年浪人してるし。

佐藤 それは意外です!

出口 そんな私が変わったのは、予備校で生徒たちを相手に教えるという経験をしたから。ちゃんと筋道を立てて話さないと、理解してもらえないですからね。これが、覚えたことを整理するアウトプットとして非常に効果的でした。

 佐藤先生の本にも「誰かと話すことで、整理化する」「一人二役の『自分プレゼンテーション』」というのがあるけれど、これもまさにアウトプットを通して論理化しているわけだよね。

佐藤 そうなんです。言葉にすることで頭の中が整理できるし、自分自身もしっかり覚えていきますよね。大学時代にやった塾講師のアルバイトも、いい経験になったような気がします。

出口 佐藤先生の「答えから見る」という方法は、そういった下地があるからこそ生まれたんだと思いますよ。答えをたくさん見ているうちに法則性が発見できて、何が重要かがわかる。そこからさかのぼって問題を見ると、その意図がより明確になるんですよね。整理ができているから記憶しやすいし、特に短時間で集中的に勉強するにはすごく有効なやり方だと思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐藤大和 [弁護士]

レイ法律事務所代表弁護士(東京弁護士会所属)
1983年生まれ。宮城県石巻市出身。高校時代、模試では偏差値30のダントツビリで落ちこぼれ。大学生になってから勉強に目覚め、2009年の司法試験に1回目で合格(民事系科目は上位5%以内で合格)。11年、弁護士となり、大手法律事務所を経て、14年4月、レイ法律事務所を設立し、経営者弁護士として、2016年1月には国内の法律事務所でTOP5%以内の事務所規模に成長させる。TBS「あさチャン!」、フジテレビ「バイキング」のコメンテーターのほか、NHK Eテレ「Rの法則」などに出演。フジテレビ「リーガルハイ」、テレビ朝日「グッドパートナー 無敵の弁護士」、日本テレビ「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」など数多くの人気ドラマの法的監修も手掛ける。15年9月には『ずるい暗記術 偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法』(ダイヤモンド社)を出版し、ニューヨークタイムズ、スウェーデンの新聞社など海外からも取材も受けるマルチ弁護士として活躍中。

 


ずるい暗記術

偏差値30の学年ビリが、司法試験になんと1発合格! 資格試験、英語、大学受験、入社試験ほか、「答え」が存在する試験で、効率的に結果を出す勉強法が『ずるい暗記術』です。本書より、常識とはかけ離れたこの勉強法がなぜ、効果的なのか? 著者の魅力と勉強法のポイントを合わせて紹介していきます。

「ずるい暗記術」

⇒バックナンバー一覧