ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ずるい暗記術
【第7回】 2015年11月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐藤大和 [弁護士]

「なると」の発想が、記憶力を高めていく

発売1ヵ月強で、4刷2万4000部となった『ずるい暗記術』。この暗記術は、忘れることが前提です。ですから、その量を上回るために、記憶の定着率を高めていかなければなりません。
前回、100点を目指さないことをお伝えしましたが、最初からすべてを暗記する必要はありません。暗記術は、イメージがとても大事です。そのイメージは、「マル」ではなく、「なると」です。いったいどういうことでしょうか。
第1章「『理解』せずにひたすら『答え』だけを見る」より、一部抜粋して紹介します。

記憶の幅をうずまきのように広げていく

 最初からすべてを暗記しようとしても、人間の脳には限界があります。「覚えられない」というマイナスの感情も、大きな足かせになってしまいます。

 自分が覚えられる最小限の量を出発点にするのが肝心です。
 

 頭の中で、「うずまき」をイメージしてみてください。そう、ラーメンにのっている「なると」のような形です。中心の小さな点から始まって、外側に向かってうずを巻きながら広がっていますよね。

暗記も、このうずまきのように最小からスタートし、思い出す作業を繰り返すことによって少しずつ記憶の範囲を広げていくのです。

 頑張っているのに結果が伴わない人は、一から十まで、最初からすべてを覚えようとしているのではないでしょうか。

 そういう人の暗記法のイメージは、うずまきではなく、大きなマルです。そのマルを何回も、きれいに書こうとするから負荷ばかりかかってしまうのです。しかもマルは閉じているので、範囲は広がっていきません。

 うずまきなら遠心力で回っていくので大きな負荷もかかりません。ムダな力を使わず、ラクに、外へ外へとどこまででも広がっていくことができます。

 ここでは、あくまでイメージだけです。

 うずまきを思い浮かべながら、記憶の幅が少しずつ広がるイメージを大事にしましょう。

 

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐藤大和 [弁護士]

レイ法律事務所代表弁護士(東京弁護士会所属)
1983年生まれ。宮城県石巻市出身。高校時代、模試では偏差値30のダントツビリで落ちこぼれ。大学生になってから勉強に目覚め、2009年の司法試験に1回目で合格(民事系科目は上位5%以内で合格)。11年、弁護士となり、大手法律事務所を経て、14年4月、レイ法律事務所を設立し、経営者弁護士として、2016年1月には国内の法律事務所でTOP5%以内の事務所規模に成長させる。TBS「あさチャン!」、フジテレビ「バイキング」のコメンテーターのほか、NHK Eテレ「Rの法則」などに出演。フジテレビ「リーガルハイ」、テレビ朝日「グッドパートナー 無敵の弁護士」、日本テレビ「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」など数多くの人気ドラマの法的監修も手掛ける。15年9月には『ずるい暗記術 偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法』(ダイヤモンド社)を出版し、ニューヨークタイムズ、スウェーデンの新聞社など海外からも取材も受けるマルチ弁護士として活躍中。

 


ずるい暗記術

偏差値30の学年ビリが、司法試験になんと1発合格! 資格試験、英語、大学受験、入社試験ほか、「答え」が存在する試験で、効率的に結果を出す勉強法が『ずるい暗記術』です。本書より、常識とはかけ離れたこの勉強法がなぜ、効果的なのか? 著者の魅力と勉強法のポイントを合わせて紹介していきます。

「ずるい暗記術」

⇒バックナンバー一覧