ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

「コレステロールは身体に悪い」説はもう古い!

夏目幸明 [ジャーナリスト]
2015年11月11日
1
nextpage

論文を読むのが日課という「めんどくさいお医者さん」、東京大学病院の地域医療連携部にいる循環器専門医・稲島司氏。彼がまた、世に流布する「健康イメージ」の虚実について語り始めた。 

稲島前回に引き続き、夏目さんにあぶらについて認識を確認したいことがあるんです。

夏目 怖いな。今度は何ですか?

「何となく身体に悪そう」−−コレステロールを巡る誤解を徹底解説!

稲島 コレステロールって、どんなイメージがありますか?

夏目 何となく「身体に悪そう」ですが?

稲島 ある意味当たってますが、ある意味では間違いです。

夏目 というと?

稲島 最近、厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」の報告書に、こんな記述がありました。

夏目 どれどれ……「コレステロールの摂取量は低めに抑えることが好ましいものと考えられるものの、目標量を算定するのに十分な科学的根拠が得られなかったため、目標量の算定は控えた」。ん?コレステロールは体に悪くないってことですか?

稲島 そういう伝え方をした媒体もありました。でも「摂取量は低めに抑えることが好ましい」と書いてありますよね。今回はそのあたり、解説を加えましょう。

稲島 コレステロールは、細胞膜を構成し、男性ホルモン・女性ホルモンの原料にもなります。これが「体に悪い」イメージになったのは、1950年代−−半世紀以上前の研究がベースにあります。当時、第2次世界大戦が終結して先進国の多くが飽食の時代に突入しました。すると心筋梗塞や脳卒中が激増したんです。「これはなぜだ?」と世界中の学者が調査を始めて、何年もかかって「血液中の総コレステロールの濃度が高いと脳卒中や心筋梗塞を起こしやすくなる」とわかりました。

夏目 ふむふむ。

稲島 その後の研究で、血液中の総コレステロールの濃度が高いと血管の壁にコレステロールが溜まってしまうことがわかってきました。下の図を見て下さい。血管の壁にコレステロールが溜まると、血流が妨げられます。すると酸素が運ばれなくなります。もし心臓に酸素を送る血管でこれが起こると、心臓の筋肉が酸素不足になり、胸が痛くなって狭心症となります。さらにひどくなって血管が完全に詰まると、酸素が全く足りず心臓の筋肉が壊死してしまい心筋梗塞となり、死亡原因になります。脳の血管が詰まれば脳梗塞が起きます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

夏目幸明[ジャーナリスト]

1972年、愛知県生まれ。早稲田大学卒業後、広告代理店に入社。その後、雑誌記者に。小学館「DIME」の『ヒット商品開発秘話 UN.DON.COM』や講談社「週刊現代」の『社長の風景』などを連載中。著書に『大停電(ブラックアウト)を回避せよ!』(PHP研究所)などがある。


ニュース3面鏡

インターネットの登場以来、以前にもまして巷にはニュースがあふれ返っています。そうしたニュースや出来事の中から、DOL編集部が気になる出来事を厳選し、正面のみならず右から左から、価値あるニュース、楽しいニュースをお届けします。

「ニュース3面鏡」

⇒バックナンバー一覧