ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか
【第30回】 2015年11月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
津田 久資

なぜ「勉強家」ほど苦境に立たされる?
1億円のMBAが「暴落」した理由

1
nextpage

佐藤優氏が書評で絶賛し、注目を集めている『あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか ― 論理思考のシンプルな本質』。累計100万PVも目前のこの人気連載も、ついに第30回を数える。

かつてMBA(経営学修士)には「1億円」以上の価値があった。
それがいまではどうか? MBAの価値が「暴落」した理由について考えてみる。

■佐藤優氏による書評
佐藤優・評(「今週の本棚」『毎日新聞』2015年11月8日付 朝刊)
http://mainichi.jp/shimen/news/20151108ddm015070014000c.html

僕たちはいつまで「学ぶ」を続けるのか?

前回の連載では、「日本のエリート育成システム」が明治時代にドイツなどから「輸入」されたものであるという話をした。

全国から「勉強のできる人材」を「東京(帝国)大学」にかき集め、その中の「成績優秀者」を「官僚機構」に取り込む――そうすることで日本は急速に諸外国の知を取り込み(というと聞こえはいいが、要するに外国のノウハウを「パクる」ことに専念し)、世界の大国の仲間入りをすることができた。

※参考:連載第29回
「知の巨人」はこう読んだ!
偏差値秀才のための「大人の教科書」

だが、ここで現代日本に目を転じると、少々首を傾げたくなる事態が続いていることに気づく。
いまだに(!)日本にはこのシステムが根強く残っているのだ。

多少のトレンド変化はあるにしても、やはり勉強のできる子どもたちの大多数は、東大を始めとした有名大学に入学し、その成績優秀者の多くは国家公務員や大企業社員になる。
もはや日本はどこかの国のマネをする必要がなくなっているはずなのに、依然として「学習」を重視する風潮が続いているのである。

もちろん、「考える」ことの重要性は、いつの時代も訴えられてきた。それにもかかわらず、この古いシステムが残っているのはなぜなのか?
結局のところ、やはりこれまでは「考える」必要などなかったということなのだ。他人が考えてくれたものを学び、それを使って答えを出したほうがよほど効率がいいということを、日本人の誰もが知っていたのである。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


津田 久資

1958年生まれ。東京大学法学部およびカリフォルニア大学バークレー校経営大学院(MBA)卒業。博報堂、ボストン コンサルティング グループ、チューリッヒ保険で一貫して新商品開発、ブランディングを含むマーケティング戦略の立案・実行にあたる。 現在、AUGUST-A㈱代表として、各社のコンサルティング業務に従事。 また、アカデミーヒルズや大手企業内の研修において、論理思考・戦略思考の講座を多数担当。表層的なツール解説に終始することなく、ごくシンプルな言葉を使いながら、思考の本質に迫っていく研修スタイルに定評があり、のべ1万人以上の指導実績を持つ。 著書に、就活面接本の超定番書『ロジカル面接術』(WAC)のほか、『世界一わかりやすいロジカルシンキングの授業』(KADOKAWA)、『出来る人ほど情報収集はしないもの!』(WAC)、『超MBA式ロジカル問題解決』などがある。


あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか

【BCG・博報堂で考えた 勝ち続ける発想力】アカデミーヒルズや大手企業向け研修で「論理思考」を1万人以上に教えてきた津田氏は「いまや学歴エリートが容易に敗北する時代になった」と語る。では、ビジネスで勝てる人はどのように考えているのか? ライバルよりも優れたアイデアを素速く発想するための「論理思考の本質」に迫る。

「あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか」

⇒バックナンバー一覧