ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか
【第24回】 2015年10月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
津田 久資

「”WHY?”をもっと!」情報の鵜呑みを防ぐ方法

1
nextpage

ここ1ヵ月、オンライン書店の「ロジカルシンキング」ジャンルで売れ行き第1位を獲得し続け、早くも第3刷が決定した『あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか ― 論理思考のシンプルな本質』。
前回までの連載では、「情報収集」の技術について見てきたが、そもそも情報を集めただけでは、競合に打ち勝つためのアイデアは出てこない。頭の中の情報素材を「知恵」へと加工するには何が必要なのだろうか?

単なる知識を「アイデアの種」に深める

 「発想する」とは「頭の中の潜在的なアイデアを引き出すこと」であるという意味で、一種の「思い出すこと」である。

そう、「思い出す」にも2つの意味がある。

1つは頭の中の情報(アイデアの素材)をそのまま引き出すこと。たとえば、学校のテストで「大化の改新が起きたのはいつ?」という問題が出されたときに、「645年」という知識を引き出すような思い出し方である。
そのほかにも、街でたまたま再会した友人の名前を思い出すとか、暗記していた電話番号を思い出すとかいうのも、こちらの領域に属している。

つまりこれは、頭の中にあるアイデアの素材をそのまま引き出すような行為だ。いわゆる学歴エリートというのは、この種の「思い出す」に優位性を持っている人ことが多い。要するに、記憶力が優れているのだ。

一方、頭に入った生の素材を加工してから引き出すことも、「思い出す」と呼べる。
どれくらい知識や情報が潜在的アイデアのかたちに加工されているか、その割合を「加工率」と呼ぶことにしよう。
アイデアの発想を問題としている僕たちにとっては、こちらの「思い出す」の条件である「加工率」がより重要である。

インプットした情報をそのまま引き出すというのは、いわば「学ぶ」が得意な人間がこれまでやっていたことである。
そうではなく、単なる知識・情報を「知恵」に深め、潜在的なアイデアへと加工するには、どんなことが必要なのだろうか? 今回は、加工率を高める方法について考えてみよう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


津田 久資

1958年生まれ。東京大学法学部およびカリフォルニア大学バークレー校経営大学院(MBA)卒業。博報堂、ボストン コンサルティング グループ、チューリッヒ保険で一貫して新商品開発、ブランディングを含むマーケティング戦略の立案・実行にあたる。 現在、AUGUST-A㈱代表として、各社のコンサルティング業務に従事。 また、アカデミーヒルズや大手企業内の研修において、論理思考・戦略思考の講座を多数担当。表層的なツール解説に終始することなく、ごくシンプルな言葉を使いながら、思考の本質に迫っていく研修スタイルに定評があり、のべ1万人以上の指導実績を持つ。 著書に、就活面接本の超定番書『ロジカル面接術』(WAC)のほか、『世界一わかりやすいロジカルシンキングの授業』(KADOKAWA)、『出来る人ほど情報収集はしないもの!』(WAC)、『超MBA式ロジカル問題解決』などがある。


あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか

【BCG・博報堂で考えた 勝ち続ける発想力】アカデミーヒルズや大手企業向け研修で「論理思考」を1万人以上に教えてきた津田氏は「いまや学歴エリートが容易に敗北する時代になった」と語る。では、ビジネスで勝てる人はどのように考えているのか? ライバルよりも優れたアイデアを素速く発想するための「論理思考の本質」に迫る。

「あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか」

⇒バックナンバー一覧