ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社内プレゼンの資料作成術
【第26回】 2015年12月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
前田鎌利

孫正義氏が「一発OK」を連発した社内プレゼン術
棒グラフで「これ」をやると決裁者に嫌われる

社内プレゼンはビジネスパーソン必須のスキル。ところが、多くの人が苦手ではないでしょうか?何度も却下されたり、差し戻しにあったり……。そこで、ソフトバンクで孫正義氏から「一発OK」を何度も勝ち取った著者が、秘伝のノウハウを詰め込んだ『社内プレゼンの資料作成術』を発刊。大きな反響を呼んでいます。この連載では、本書から、シンプルな資料で100%の説得力を生む、「超」実践的なノウハウをピックアップしてお伝えします。

「省略の波線」は使わない

 棒グラフは、非常に使い勝手のよいグラフです。社内プレゼンにおいても、最も使用頻度の高いグラフだと言えるでしょう。ただし、いくつか使用上の注意点があります。ここでは、NGな棒グラフについてご説明していきます。

 まず、「足切りグラフ」「省略線」と呼ばれる「波線」を使う棒グラフがありますが、これはNGです。下図のように、月次の売上推移を示すときに、毎月の変化が微々たるものであるときには「波線」を使いたくなります。
しかし、「波線」を使ってしまうと、「印象を操作しようとしているのではないか?」「ごまかそうとしているのではないか?」といった疑念を抱かせてしまう恐れがあります。

 このような場合には、毎月の変動が微々たるものであっても、それをストレートに示すようにしてください。「波線グラフ」を使って疑念をもたれるよりも、よほどスムースにプレゼンをすることができるはずです。

「3Dグラフ」「横棒グラフ」はNG

 下図のような「3Dグラフ」もNGです。
 一見カッコよく見えますが、棒グラフの手前と奥で高さが違いますから、どちらが正しい高さなのかがわかりません。「ごまかそうとしているんじゃないか?」と印象操作を疑われるのがオチです。代わり映えがしないと思われるかもしれませんが、少なくとも社内プレゼンでは、従来どおり「2Dグラフ」を使うようにしてください。

 また、下図のような「横棒グラフ」もおすすめしません。
 日本人は「縦棒グラフ」に慣れ親しんでいますので、「横棒グラフ」を直感的に把握するのが苦手だからです。なんとなく横棒グラフのほうが新鮮に見えるかもしれませんが、わかりやすいのが社内プレゼンの鉄則。迷うことなく縦棒グラフに統一するのが正解です。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新・独学術

新・独学術

侍留啓介 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年6月

<内容紹介>
「ビジネスに必要な教養」をすべて最速で身につける! 「思考力」「知識」「論理力」「英語力」……仕事に使える知的リソースを最大化する方法とは? 外資系エリートの世界で次々と降りかかる難題を解決するために駆使してきた最も合理的な「頭の強化法」。これが現代ビジネスマンに最も求められる「知性」の磨き方!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/18~6/24)



前田鎌利 

まえだ・かまり 1973年福井県生まれ。東京学芸大学卒業後、光通信に就職。2000年にジェイフォンに転職して以降、ボーダフォン、ソフトバンクモバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社)と17年にわたり移動体通信事業に従事。2010年に孫正義社長(現会長)の後継者育成機関であるソフトバンクアカデミア第1期生に選考され第1位を獲得。孫正義社長に直接プレゼンして幾多の事業提案を承認されたほか、孫社長のプレゼン資料づくりも数多く担当した。その後、ソフトバンク子会社の社外取締役や、ソフトバンク社内認定講師(プレゼンテーション)として活躍。著者のプレゼンテーション術を実施した部署で、決裁スピードが1.5~2倍になることが実証された。2013年12月にソフトバンクを退社、独立。ソフトバンク、ヤフー、株式会社ベネッセコーポレーション、大手鉄道会社などのプレゼンテーション講師を歴任するほか、全国でプレゼンテーション・スクールを展開している。


社内プレゼンの資料作成術

社内プレゼンはビジネスパーソン必須のスキル。ところが、多くの人が苦手ではないでしょうか?何度も却下されたり、差し戻しにあったり……。そこで、ソフトバンクで孫正義氏から「一発OK」を何度も勝ち取った著者が、秘伝の「社内プレゼンの資料作成術」を全公開。シンプルな資料で100%の説得力を生む、「超」実践的なノウハウをお伝えします!

「社内プレゼンの資料作成術」

⇒バックナンバー一覧