ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

トヨタのリコール騒動は他人事にあらず!
クルマより重要な創業家社長の“品質”

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第115回】 2010年3月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 トヨタ自動車のリコール騒動が燃え盛っている。米国議会の公聴会の場で、トヨタの豊田章男社長が厳しく糾弾され、新聞・雑誌などのメディアも激しい批判を浴びせている。

 「今年秋の中間選挙を意識した米国の政治家に囲まれた公聴会で、格好のアピールの標的にされてしまった」という、トヨタに同情的な声が上がる一方、「いかんせん対応が遅く、しかも拙かった」との見方も多い。

 そうした批判のなか、昨年からのリコール騒ぎの最中でも、一向に表面に出てこなかった豊田章男社長に対する批判の声は小さくない。

 もともと、自動車業界のリコールはそれほど異例なことではない。以前にも、部品の一部で発覚した不都合などによって、大規模なリコール騒ぎが起きたことはあった。それでも、ここまで問題が発展したことはなかった。今回に限って、何故ここまでの大騒動になっているのか?

リコール問題への対応の拙さが
選挙を控えた米国議員の餌食に

 今回、これほどまでに問題が大きくなった要因は2つある。

 1つは、米国のGMやクライスラーが破綻する一方、トヨタの事業規模が急速に拡大しているため、米国民の顰蹙を買い易い状況にあったことだ。それは、中間選挙を控えた政治家諸氏には、絶好のアピールの場となった。

 もう1つは、トヨタ自身の対応の拙さだ。同社の車について、部品などの不都合で事故が発生しているという報道は、実はかなり前からされていた。

 ところが、当初トヨタはそれに正面から取り組む姿勢を示さなかった。特に昨年の後半以降、米国での批判が高まってからも、最高責任者である豊田章男社長は、この問題に対して先頭に立って対処することはなかった。そうした態度が、米国の世論を燃え上がらせ、問題をここまで大きくしてしまったと言えるだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧