ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ハーバードの知性に学ぶ「日本論」 佐藤智恵

普通の人々が大きな偉業を成し遂げた、
それがトヨタ自動車

アナンス・ラマン教授に聞く(1)

佐藤智恵 [作家/コンサルタント]
【第19回】 2015年11月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

海外のビジネススクールで日本人学生が大活躍できる授業といえば、オペレーションマネジメントの授業だ。多くの日本企業の事例が“模範”として登場する。ハーバードで20年以上、オペレーションを教えるアナンス・ラマン教授もまた、トヨタ自動車や日本のコンビニエンスストアのオペレーションを絶賛している。

なぜ経営者を志す学生やエグゼクティブは、必ずオペレーションを学ばなくてはならないのか。また日本企業のオペレーションはなぜ突出して優れているのか。ラマン教授に聞いた。(聞き手/佐藤智恵 インタビューは2015年6月22日)

「テクノロジーとオペレーションマネジメント」が
ハーバードMBAの必修科目である理由

アナンス・ラマン Ananth Raman
ハーバードビジネススクール教授。専門はビジネスロジスティックスとオペレーションマネジメント。特に需要が不確実な製品のサプライチェーン・コーディネーションを専門に研究。MBAプログラム、DBAプログラム、および、エグゼクティブプログラムで、サプライチェーン・マネジメント、サービス・オペレーション、投資家視点から見たオペレーション等を教えている。"Supply Chain Management at World Co., Ltd."(2001)など、日本企業についてのケース教材や記事を多数執筆。主な著書に“The New Science of Retailing: How Analytics Are Transforming the Supply Chain and Improving Performance” (Harvard Business Press, 2010).

佐藤 ラマン教授は20年以上、ハーバードで教鞭をとられているオペレーションの大家、とうかがっています。長年にわたって、MBAプログラムとエグゼクティブプログラムで「テクノロジーとオペレーションマネジメント」を教えていますが、ハーバードではなぜこの科目が“必修”となっているのでしょうか。

ラマン テクノロジーを学ぶ理由は簡単ですね。テクノロジーは急速に進化していますから、MBAの学生にとってもエグゼクティブにとっても、最新の知識を学ぶことは不可欠です。ところが、今の時代になぜ学生全員がオペレーションを学ぶ必要があるのか、と疑問に思う人はいるかもしれませんね。製造業に興味がある人だけが学べばいいのではないのか、と。

 実際、私が1989年にペンシルバニア大学ウォートンスクールの博士課程に入学したとき、オペレーションマネジメントはMBAの必修科目ではありませんでした。

佐藤 現在は、どのトップビジネススクールでも、生産管理、プロセス管理を学ぶオペレーションマネジメントは必修科目です。つまりそれだけ重要性が高まっているということですが、その理由は何だと思いますか。

ラマン いくつか要因はありますが、最も大きな要因を2つ挙げたいと思います。

 1つめは、世界の発展のために、製造業は不可欠だということです。それは今も昔も変わりません。主要な製造場所は時代とともに変遷しても、経済の根幹を担っていることに変わりはありません。誰かがモノをつくってくれなければ、そもそも生活ができません。

 2つめが、製造業だけではなくサービス業においても、オペレーションが重要になってきた、ということです。実はサービス業の仕事というのは、製造業の仕事ととても似ています。銀行、小売店、ホテル、航空会社、病院などを見てみれば、社員の仕事のほとんどがオペレーションに関わるものです。

 たとえば、小売店の運営で最も重要なのはマーケティング、という印象がありますが、その仕事のほとんどは、オペレーション関連です。お店を掃除して、商品を仕入れて、陳列して、値札をつけて、販売する。これらはすべてオペレーションですね。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

佐藤智恵 [作家/コンサルタント]

1970年兵庫県生まれ。1992年東京大学教養学部卒業後、NHK入局。報道番組や音楽番組のディレクターとして7年間勤務した後、2000年退局。2001年米コロンビア大学経営大学院卒業(MBA)。ボストンコンサルティンググループ、外資系テレビ局などを経て、2012年、作家/コンサルタントとして独立。2004年よりコロンビア大学経営大学院の入学面接官。近年はテレビ番組のコメンテーターも務めている。主な著書に「世界最高MBAの授業」(東洋経済新報社)、「世界のエリートの「失敗力」」(PHPビジネス新書)、「ハーバードはなぜ仕事術を教えないのか」(日経BP社) 
佐藤智恵オフィシャルウェブサイト:http://www.satochie.com


ハーバードの知性に学ぶ「日本論」 佐藤智恵

世界に数多くのスーパーエリートを輩出してきたハーバードビジネススクール。その授業では、「日本」が教材となることも少なくないという。この連載では、作家・コンサルタントとして活躍する佐藤智恵さんがハーバード大学の教授たちにインタビュー。「なぜ日本(企業)について教えるのか」「日本はどのように世界に貢献できるか」など、示唆に富んだインタビューを通じて、ハーバードの知性が教える「日本論」を学ぶ。

「ハーバードの知性に学ぶ「日本論」 佐藤智恵」

⇒バックナンバー一覧