ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ハーバードの知性に学ぶ「日本論」 佐藤智恵

トヨタと日産、強さの秘密は社員の“ある特性”

フォレスト・ラインハート教授に聞く(1)

佐藤智恵 [作家/コンサルタント]
【第17回】 2015年11月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ハーバードで日本の自動車メーカーの事例を教えているフォレスト・ラインハート教授。「なぜ日本の自動車メーカーは強いのか」と率直に聞いたところ、意外な答えが返ってきた。強さの秘訣は、自動車メーカー社員に共通する“ある特性”だという。それは一体何なのか。ラインハート教授独自の分析をうかがった。(聞き手/佐藤智恵 インタビューは2015年6月22日)

アジアを理解するには
まずは日本を理解しなければならない

フォレスト・ラインハート
Forest Reinhardt
ハーバードビジネススクール教授。専門は経営管理。同校のアジアパシフィックリサーチセンター主任教授。MBAプログラムでは選択科目「エネルギー」、エグゼクティブプログラムでは必修科目「グローバルマーケット」(ビジネスの観点から世界の政治・経済を学ぶ授業)を教えている。トヨタ自動車、日産自動車等、日本企業についてのケース教材を執筆。主な著書に“Down to Earth: Applying Business Principles to Environmental Management.”(Harvard Business School Press, 1999)。

佐藤 ラインハート教授はハーバードビジネススクールのアジアパシフィックリサーチセンター主任教授を務められていて、アジアの政治・経済の専門に研究されています。日本の企業事例もいくつか執筆されていますが、そもそも日本に興味を持ったきっかけは何だったのでしょうか。

ラインハート 生まれて初めて訪れた外国が日本だったことです。私自身はアメリカ・モンタナ州出身なのですが、母は韓国出身です。9歳のときに初めて母の実家のあるソウルを訪れたのですが、その途中で日本に数日間滞在することになったのです。時は東京オリンピック後の1968年。日本は高度経済成長のまっただ中でした。

佐藤 そのときは、何が印象に残りましたか。

ラインハート 子どもながらに、構築環境(自然と建築物と人間との関わりによって生まれる生活環境) が美しいと思いました。自然の中に温泉施設があったりして、自然と人間が共生している環境が新鮮に映りました。アメリカにも美しい町はあるのですが、日本のように自然と社会が調和している町を見たのは初めてだったからです。

佐藤 日本について研究しようと思ったのはなぜですか。

ラインハート 1990年代にアジア経済の研究をはじめてから、日本についての研究をはじめました。アジアを理解するにはまず日本を理解しなければならないことに気づいたからです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

佐藤智恵 [作家/コンサルタント]

1970年兵庫県生まれ。1992年東京大学教養学部卒業後、NHK入局。報道番組や音楽番組のディレクターとして7年間勤務した後、2000年退局。2001年米コロンビア大学経営大学院卒業(MBA)。ボストンコンサルティンググループ、外資系テレビ局などを経て、2012年、作家/コンサルタントとして独立。2004年よりコロンビア大学経営大学院の入学面接官。近年はテレビ番組のコメンテーターも務めている。主な著書に「世界最高MBAの授業」(東洋経済新報社)、「世界のエリートの「失敗力」」(PHPビジネス新書)、「ハーバードはなぜ仕事術を教えないのか」(日経BP社) 
佐藤智恵オフィシャルウェブサイト:http://www.satochie.com


ハーバードの知性に学ぶ「日本論」 佐藤智恵

世界に数多くのスーパーエリートを輩出してきたハーバードビジネススクール。その授業では、「日本」が教材となることも少なくないという。この連載では、作家・コンサルタントとして活躍する佐藤智恵さんがハーバード大学の教授たちにインタビュー。「なぜ日本(企業)について教えるのか」「日本はどのように世界に貢献できるか」など、示唆に富んだインタビューを通じて、ハーバードの知性が教える「日本論」を学ぶ。

「ハーバードの知性に学ぶ「日本論」 佐藤智恵」

⇒バックナンバー一覧