ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ホリエモン的常識

アマゾンが労働組合が結成って超時代遅れだよなぁ
【ホリエモン的常識】

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]
【第57回】 2015年11月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
Q.インターネット通販大手アマゾンの日本法人アマゾンジャパンの社員が労働組合を結成しました。経営者のなかには、労働組合の存在が企業の成長を妨げると考える人もおり、労働組合のない企業も少なくありません。堀江さんは日本の労働組合の制度やその存在意義について、どうお考えでしょうか?

「労働者の団結」というスローガンがすでに時代遅れ
組合に参加してもメリットはほとんどないのでは

A.「労働組合の存在が企業の成長を妨げると考える経営者もおり」というよりも、むしろ「資本家VS労働者」という対立図式自体がおかしいし、時代遅れだと思います。

 すなわち、労働者が団結しないと、労働者に不利益な労働環境が存続してしまうといった時代は過ぎ去ったと思います。

 労働環境はかつてに比べるとかなり改善していますし、そもそも労働基準法に違反している労働を強制させられたのなら、会社に正式に抗議をすればよいだけで、それでも改善されないのであれば、労働基準監督署に申し出るなり、その他何らかの法的な処置を考えればよいのです。

 一方では、雇用が流動化し、働き方が多様化している現在、労働者自身のポジションや考え方も多様化しています。ですので、わざわざ労働者が団結しなければならないという時代は、とうの昔に過ぎ去ったと思います。

 もちろん、日本国憲法で労働組合を結成する権利は認められています。そこに参加するかどうかは個人の自由ですが、参加することによって大きなメリットが得られるかどうかといえば、私は懐疑的です。

Q.小泉進次郎衆議院議員が自由民主党の農林部会長に就任しました。権力への階段を一歩一歩、上がっているように見えますが、堀江さんはどう評価していますか。将来のリーダーたりえるのでしょうか。

進次郎氏は50代で首相当確
でも、ちょっと時間がかかりすぎだよなぁ

A.どこの国の国民も“一応の品質保証されている”という意味で、二世や三世議員が大好きです。それに加えて、父親が小泉純一郎元首相であるわけですから、今後余程のことがなければ首相になる可能性は高いと思います。

 しかし、一歩一歩、上っているかと言えばそうかもしれませんが、私から見れば、むしろ「どうしてそんなに時間をかけているのだろう」と首を傾げてしまいます。

 進次郎氏と実際に話をしてみても、非常に聡明かつ闊達な方で、また政治家としての行動力もあるので、凡百の議員よりも余程リーダーたりえると思います。であるのに、すぐにはリーダーになれない雰囲気なのが、日本の政治の駄目なところですね。

 このまま無難に仕事をこなしていけば、進次郎氏はおそらく50代で首相になれると思います。が、そんなに時間かけていてよいのでしょうか。人生は短いのですから、もっと “生き急いだ” ほうが良いのではないかと思ってしまいます。

 もちろん、スピード重視するとその分リスクを背負うことにもなりますが、リスクを取るのが政治家であるとも思います。

毎週月曜日に配信!

あのホリエモンのメルマガがダイヤモンド社から配信開始

  • 毎週月曜日は、通常号「堀江貴文 ブログでは言えない話」
  • 毎週火曜日は、DPMだけの特別配信「ホリエモン的常識」
    (週刊ダイヤモンド連載生原稿)

メルマガ申し込みへ

●橘玲、闇株新聞などダイヤモンド社の著者がメルマガを配信!DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]

1972年福岡県八女市生まれ。血液型A型。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で一気に時代の寵児となる。しかし2006年1月、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され懲役2年6ヵ月の実刑判決を下される。2013年11月に刑期を終了し、ふたたび自由の身となって「ゼロ」からの新たなスタートを切った。自身のブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」で独自の見解を展開中。著書に『徹底抗戦』『人生論』『希望論』など。TV、ラジオ、インターネット番組と幅広く活躍中。


ホリエモン的常識

日本で一番有名な企業家、ホリエモンが世間の常識に囚われずに、本音の回答を行なうQ&A連載がスタート。

毎回、起業、IT、テクノロジー、経済、時事問題などあらゆるジャンルの質問に答えていきます。質問は以下から q-horie@diamond.co.jp  週刊ダイヤモンドでの連載と連動し、DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)では、フルバージョンでの配信も行ないます。

「ホリエモン的常識」

⇒バックナンバー一覧