ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

一つ間違うと地獄!
社内恋愛にはリスクがあると心得よ

宮崎智之 [フリーライター]
【第15回】 2015年11月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
社内の恋愛トラブルに巻き込まれる可能性はたくさんある

 いつの時代も恋愛は男女の一大事だ。最近では恋愛に積極的ではない“草食系”や、まったく興味がない“絶食系”が増えているようだが、男女の営みである恋愛がこの世から消えてなくなることはない。だからこそ、面倒臭い事態に発展することもあるのだが。

 とはいえ現在は、恋愛しにくい時代になっているようである。リクルートマーケティングパートナーズが運営するブライダル総研の「恋愛・婚活・結婚調査2015」によると、交際経験がない20代男性は41.9%に及ぶそうだ。30代も32.5%に恋愛経験がなく、60代まで含めた全体の数字を見ても、29.6%が一度も異性と付き合ったことがないという。

 この手の調査結果はこれまで何度も発表され、その度に大きな話題になっているが、やはり3割近くが“恋愛未経験”なことは驚嘆に値する。前出の調査では、交際経験がない女性(20代~60代)も18.6%いるため、必ずしも男性だけの傾向ではないようだ。

 なぜ、日本人は恋愛をしなくなったのか。精神的や経済的な要因、若者を取り巻く社会状況などさまざまな理由が考えられるのが、周囲に聞き取り調査して一番多いのは「そもそも出会いがない」という声である。筆者の実感からしても、うなずける意見だ。

 では、恋愛を経て晴れてゴールインした夫婦がどこで出会っているのかというと、最も多い“場所”が職場である(国立社会保障・人口問題研究所「第14回出生動向基本調査」)。日本法規情報が2015年7月に実施した「職場恋愛に関する実態調査」でも、42%の男女が「社内で付き合った経験がある」と回答している。いわゆる“社内恋愛”である。

 しかし、社内恋愛には面倒臭い事態がつきものだ。上手くいっているうちはいいが、日常的に顔をあわせる状況だからこそ、トラブルが起きれば収集がつかなくなることもある。今回は出会いの場である“職場”で恋愛する際に注意すべき点をチェックしていこう。

社内恋愛で仕事の効率が下がる?

 まず第一の問題は、社内恋愛による仕事の生産性の低下だ。マイナビウーマンの調査によると、76.4%の男性が「社内恋愛は仕事の効率を下げる」と考えているという。当然といえば、当然だ。「好きな人が身近にいて仕事のやる気が出る」と考えることもできようが、それは恋愛が絶好調の時である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

「なぜ、彼と話しているとイライラするのか」「彼女と関わると、なぜかトラブルに巻き込まれるのよね」――。あなたの周囲にも、きっとそんなタイプの人がいるだろう。そう、彼らは「めんどい人々」なのである。なぜ彼らは「めんどい」のか。世代間ギャップや価値観の違いなどその背景には色々な理由があるだろうが、はっきり理由がわからず、悩みは深まるばかりだ。この連載では、職場の上司、部下、同僚、そしてプライベートの友人、恋人まで、あなたを面倒事に巻き込む人々のパターンとうまく付き合って行くための心得を、できるだけわかり易く分析して行こう。「めんどい人々」とうまく付き合うための参考にしてほしい。

「あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル」

⇒バックナンバー一覧