ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら
【第3回】 2015年12月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
岩崎 夏海

【『もしドラ』第2弾『もしイノ』試読版 第1回】
「夢には友だちが一人いて、その友だちが好きだった」

1
nextpage

「『もしドラ』の続編が出ます」
あの、270万部を超える売り上げを記録し、Amazonのビジネス書部門で15年間の歴代売り上げ第1位にも輝いた、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』の第2弾が、このほど刊行されることとなりました。タイトルは『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』(通称『もしイノ』)。気になる内容はというと、舞台は『もしドラ』から6年後! そこで、また新たな女子マネージャーたちが、ドラッカーの本を片手に甲子園を目指します。彼らが参考とするのは、今度は『イノベーションと起業家精神』。ではなぜこの本を読むのか? それは、この先読み版を読むことで明らかになります!


 いよいよ、『もしドラ』の続編である『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』(通称『もしイノ』)の舞台が幕を開けます。場所は、前作と同じ東京都日野市――。ただし、前作と違うのは、主人公の所属する学校が「都立程久保高校」ではないところです。今度は、「浅川学園」という私立校。そこに、本作のメインキャラクターである2人の少女、岡野夢(おかの・ゆめ)と児玉真実(こだま・まみ)が入学するところから、物語はスタートします。

プロローグ

 夢には夢がなかった。目標もなかった。ただ毎日を、なんとなく過ごしていた。
 それでも好きなものはあった。友だちだ。夢には友だちが一人いて、その友だちが好きだった。だから、学校にはその友だちに会うために来ていた。他に理由はなかった。
 その友だちとは、中学のときに知り合った。彼女は陸上部員だった。長距離の選手で、いつも校庭を走っていた。
 その友だちが走るのを、夢はよく教室の窓から見ていた。ときには日が暮れて、彼女の姿が夕焼けに浮かび上がるシルエットとなり、やがて宵闇に溶け合ってほとんど判別がつかなくなるまで、ずっと見続けていることもあった。
 夢は、その友だちが走るのを見るのが好きだった。見ていて飽きるということがなかった。だから、その友だちが陸上部を辞めてしまったときは驚いた。そして、とても残念に思った。また陸上部に復帰してくれないかと、強く願った。
 しかし、彼女が再び陸上部に戻ることはなかった。そうして放課後になると、これまでは走っていた校庭を歩いて横切り、早々に帰宅してしまうのだった。
 ある日のこと、いつものように校庭を眺めていた夢は、その友だちが帰宅しようとしているのを見つけた。それで、ふと思い立って教室を飛び出した。
 夢は、運動をしたことがほとんどなかった。だから、走るのがとても遅かった。それでも、一生懸命走って追いかけ、校門を出たところでなんとか追いついた。そして、こう声をかけた。
「あの、すみません!」
「はい?」
「あの……どうして陸上部を辞めちゃったんですか?」
 それが、夢がその友だちと仲良くなったきっかけだった。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


岩崎夏海(いわさき・なつみ)

1968年生まれ。東京都日野市出身。東京藝術大学建築科卒。 大学卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』等、テレビ番組の制作に参加。その後、アイドルグループAKB48のプロデュースなどにも携わる。2009年12月、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(ダイヤモンド社)を著し、ベストセラーに。他の著書に『エースの系譜』(講談社)、『小説の読み方の教科書』(潮出版社)、『チャボとウサギの事件』(文藝春秋)、『宇宙って面白いの?』(講談社)、『まずいラーメン屋はどこへ消えた?―「椅子取りゲーム社会」で生き残る方法』(小学館)、『部屋を活かせば人生が変わる』(部屋を考える会著/夜間飛行)、『『もしドラ』はなぜ売れたのか?』(東洋経済新報社)、『競争考』(心交社)などがある。 また、ドワンゴ・夜間飛行にて有料メルマガ『ハックルベリーに会いに行く』を配信中。Youtubeチャンネル『ハックルテレビ』を運営。2015年から岩崎書店の社外取締役となり、児童書のプロデュースにも携わる。他に、「岩崎夏海クリエイター塾」の講師を2014年から務めている。

 


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら

275万部を突破した『もしドラ』から6年。再びドラッカーを題材にした新刊『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』を書き下ろした著者・岩崎夏海氏が、各界の著名人を迎え、今作のテーマについて語り合います。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら」

⇒バックナンバー一覧