ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

世界の自動車業界関係者もびっくり仰天!
トヨタと米電気自動車ベンチャー・テスラ提携の真実

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第45回】 2010年5月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「まさかトヨタが、こんな手を使うとは!?」

 米ベンチャー企業テスラ・モーターズ(以下、テスラ)とトヨタ自動車の資本・技術提携は、世界の自動車業界関係者にとってまさに寝耳に水だった。

 米西海岸時間2010年5月20日午後5時過ぎ(日本時間5月21日午前9時過ぎ)。シリコンバレーの中心地、スタンフォード大学にほど近いテスラ本社(カリフォルニア州パロアルト市)で、3人の男性がカメラのフラッシュを浴びた。

ごく自然に考えれば、今回の提携で、テスラの「モデルS」(写真)がトヨタ「カローラ」のプラットフォームを活用することになっても不思議ではない。

 痩せ型で身長190cm程のイーロン・マスク テスラCEO(38)と、ガッシリ体系で身長187cmのカリフォルニア州アーノルド・シュワルツェネッガー州知事(62)。その2人と、日本人中年男性としては平均的な体型に見えるトヨタ自動車・豊田章男社長(54)が並んだ。豊田社長はその前日の夕方、ホテルグランドパレス(東京都千代田区)で行われた一般社団法人・日本自動車工業会「平成22年度定時総会」に参加し、同会副会長に新任され、その直後、太平洋を渡ってきた。

豊田社長がコメントで触れた
テスラとNUMMIの関係

 この衝撃的な記者会見については、すでに日本でもテレビ、新聞、ネットで数多く報道されている。当該発表内容は次の2点に集約できる。

①トヨタとテスラは、電気自動車における車輌開発、部品開発、(車輌と部品の)製造システムにおいて技術提携を行う。
②トヨタはテスラに対して総額5000万ドル(1ドル92円換算で46億円)を出資する。

 また、トヨタの本社ウエブサイトではこの共同記者会見の模様が公開されている。その中では、豊田社長が、テスラとNUMMIとの関係を説明していた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧