ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか
【第41回】 2015年12月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
津田 久資

伸びない人に共通する「コロンブスの卵」症候群
[2時間セミナー]思考力が高まる教室(3)

1
nextpage

「『これまでいかに自分が何も考えていなかったか』を痛感しました」——去る10月26日に開催され、大好評を博した津田久資氏『あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか』スペシャル著者セミナー。

即座に100名を超える参加希望者が殺到し、当日には熱気あふれる満席の会場から活発な質問が飛び交った。

好評につき、バージョンアップ版の「追加開催」が決定した同セミナー(詳細は本記事末尾を参照)に先駆けて、前回行われたセミナーの様子を少しだけご紹介していこう(第3回/全4回)。

[連載]思考力を高める教室(全4回)

・第1回 ▶▶▶ ハーバードMBAはなぜ「講義をやらない」のか?

・第2回 ▶▶▶ 凡人が天才から学ぶべき、たった1つのこと

・第3回 ▶▶▶ (今回)

・第4回 ▶▶▶ 君は「ヒリヒリするような悔しさ」を本当に知っているか?
(12/18 fri配信予定)

「アイデアの質」は3つの要素で決まる

次に問題になるのが、「アイデアの広さ」というのは何をもって決まるか、ですね。
1つは「頭の中にインプットされている情報量」、これです。どれくらい多様な知識を持っているかということですね。

2番目は「その情報の加工率」です。これは、ピンときますか?

(会場)どれくらい深く理解しているか、ということ?でしょうか。

う~ん、「近い」気がしますが、どうでしょうか。つまり、アイデアっていうのはインプットされた知識をそのまま吐き出すことではないんです。これだけでは言ってみれば暗記試験みたいなものです。
そうではなくて「アイデア」というのは、自分の頭の中で情報を有機的に加工してから引き出しているわけですよね。その割合のことを「加工率」と呼んでいます。

で、3つめ、そしてここが非常に大事なんですけれども、これが「発想率」です。
つまり、情報を加工しただけの状態では、まだアイデアは頭の中に潜在的にあるにすぎない。これを頭の中にとどめずに、いかに引き出すことができるかっていうのが「発想率」であって、ここがいちばん重要なポイントになると思っています。

つまり、何かすばらしい商品が出てきたとしますよね。そういうときに、僕たちには2通りの反応があると思います。1つは「いやー、こんなこと考えたこともなかった」というアイデア。もう1つは「なるほどね、確かにこういうのってありだよね」というアイデア。

前者はそもそも潜在的にすらアイデアが頭の中になかったときの反応なのに対し、後者というのは潜在的には頭の中にアイデアが眠っていた(でもあなたは引き出せなかった)ときの反応です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


津田 久資

1958年生まれ。東京大学法学部およびカリフォルニア大学バークレー校経営大学院(MBA)卒業。博報堂、ボストン コンサルティング グループ、チューリッヒ保険で一貫して新商品開発、ブランディングを含むマーケティング戦略の立案・実行にあたる。 現在、AUGUST-A㈱代表として、各社のコンサルティング業務に従事。 また、アカデミーヒルズや大手企業内の研修において、論理思考・戦略思考の講座を多数担当。表層的なツール解説に終始することなく、ごくシンプルな言葉を使いながら、思考の本質に迫っていく研修スタイルに定評があり、のべ1万人以上の指導実績を持つ。 著書に、就活面接本の超定番書『ロジカル面接術』(WAC)のほか、『世界一わかりやすいロジカルシンキングの授業』(KADOKAWA)、『出来る人ほど情報収集はしないもの!』(WAC)、『超MBA式ロジカル問題解決』などがある。


あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか

【BCG・博報堂で考えた 勝ち続ける発想力】アカデミーヒルズや大手企業向け研修で「論理思考」を1万人以上に教えてきた津田氏は「いまや学歴エリートが容易に敗北する時代になった」と語る。では、ビジネスで勝てる人はどのように考えているのか? ライバルよりも優れたアイデアを素速く発想するための「論理思考の本質」に迫る。

「あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか」

⇒バックナンバー一覧