ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ドラッグストアニュースPick-Up

ドラッグ&コンビニの動き
マツモトキヨシとローソンその後
タキヤ&ミニストップ3号店オープン

ドラッグストアニュース
【第12回】 2010年6月8日
著者・コラム紹介バックナンバー

 ドラッグストア(DgS)とコンビニエンスストア(CVS)の提携後の具体的な動きが活発化してきた。

 関西エリアでDgSを展開するイオングループのタキヤ(兵庫県尼崎市、飯塚啓社長)は、4月2日、CVSのミニストップのフランチャイズ(FC)店舗として導入を図っているサテライトの3号店、タキヤ奈良駅前店(奈良県奈良市)を改装オープンした。それまでの売場面積約145坪を193坪に拡大した同店では、新たに25坪のCVSゾーンが設けられたのをはじめ、営業時間もこれまでの10時から20時までを、早朝・夜間にそれぞれ時間を拡大した、7時から23時となった。

 奈良駅前店では、すでにサテライトを導入している巽南店、深江南店(いずれも大阪市)の2店の営業状況を踏まえ、月商で現在の2180万円が3100万円程度のアップを見込んでいる。

 これまでの動向から、サテライト導入によって、おおむね客数は導入前の1.4倍から1.5倍になる一方、客単価は10%前後マイナスとなることがわかっている。奈良駅前店ではこれまでの客単価1470円が1350円程度に下がると想定し、店舗の人員配置や売場改善を進めている。サテライトでは、同店から初めて飲食店営業許可を取得し、イートインコーナーを設けたほか、ソフトクリームやコーヒーサービスなどファストフードの取り扱いを開始し、サービス機能を高めている。一方、新たなサービスを付加したことでオペレーション面での効率化が、さらに求められることになる。

 このような背景もあり、エンドを含むプロモーション展開はこれまで2店と比較し縮小していることから、奈良駅前店はこれまで以上にCVS色が強く出ている。薬剤師が常駐し、OTC第1類医薬品も取り扱っているが、シフトの関係から販売時間帯が限られるため打ち出しが弱く、総じて、DgSとしての印象は薄くなっている。

 4号店は、兵庫県明石市でのサテライト導入を予定しており、さらなる融合が進む見込みだ。

マツキヨ&ローソン新業態
店舗面積100坪にイートイン

 一方、マツモトキヨシホールディングス(千葉県松戸市、吉田雅司社長)と、ローソン(東京都品川区、新浪剛史社長)が合弁会社を設立し展開する新業態は、いまのところおぼろげな枠組みの決定にとどまっている。すでに発表されている上期中の1号店出店に向け、今後決定しなければならない課題が山積だ。

 合弁会社エムケイ・エルが展開する新業態は、店舗面積100坪(330m2)で、食の提案とヘルス&ビューティ展開を基本とするフォーマット。調剤は併設しない。さらに、イートインコーナーを設け、店内での飲食が可能な店舗となる模様だ。東京都心に1号店を出店するため物件を探索中だが、いまのところ有力な候補地は見つかっていない。ガラス張りのファサードイメージと100坪での基本フォーマットが決まったが、店舗名などもまだ決まっていない。

 エムケイ・エルの動向については今後も注目が集まるが、いまさらながら、店舗というかたちに固執する必要があるのかという疑問が浮かぶ。すでにドラッグ&コンビニや、ヘルスケアコンビニという融合モデルを模索する動きは活発だ。エムケイ・エルがゼロベースにこだわり、苦労の末、生み出す新業態店舗は、果たしてどの程度、世の中の期待に応え、完成度の高いビジネスモデルとして登場させることができるのか。

 2009年8月の提携発表から9ヵ月が過ぎようとしている。仮に壁にぶつかっているのであれば、新業態店舗の開発だけにこだわらず、幅広い分野において提携の果実を求めるべきかもしれない。


「ドラッグストアニュース」6月号 好評発売中!

6月号の『ドラッグストアニュース』は、注目の特集が目白押しです。第1特集は、薬事法改正で登場した新資格者・登録販売者にスポットを当て、全国初の企画としてまとめました。ドラッグストアはもちろん、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで働く彼らの現場レポートも必見です。
第2特集は、2010年上半期の注目新業態レポート。マツモトキヨシやイオン、セブン&アイはじめ、MUJI、@cosme store、薬日本堂の新たな訴求ポイントに注目です!
企業レポートは、狭域高密度出店で付加価値を生み出すサンキュードラッグ(福岡県)、イオングループスーパーマーケットでの医薬品販売モデルを構築した琉球ジャスコ(沖縄県)が登場します。
その他、カウンセリングとプロモーション情報を満載した『ドラッグストアニュース』をお見逃しなく!
購読のお申し込みはこちらから

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ドラッグストアニュース

ドラッグストアニュースは、拡大するヘルスケア&ビューティケアマーケットに携わるビジネスパーソンに向けた情報誌。最新店舗情報や企業情報、そして今後ますます重要になる、生活者に自店のファンになっていただくための商品カウンセリング、コミュニケーション情報を満載し、薬剤師や登録販売者など、スタッフのスキルアップをサポートしています。成熟社会が訪れたいま、身近で快適なライフスタイルを生活者に提案するスタッフへビジネスのヒントを届けます。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


ドラッグストアニュースPick-Up

業界情報から消費者トレンドまで、ドラッグストアニュース編集部が日々の取材活動を通じて取り上げる選りすぐりの巻頭ニュース。

「ドラッグストアニュースPick-Up」

⇒バックナンバー一覧