ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

国立競技場が高いって? ITだって高いぞ!

 2015年は国立競技場やエンブレムなど、オリンピック関係のドタバタが大きなニュースになりました。

 その中で、わたしが一番気になったのは、国立競技場の建築費が2500億もかかる!と騒ぎになり、白紙撤回されたことでした。

 2500億は明らかに高いですよね。6万人以上入る埼玉スタジアムが380億ですから。

 ところで、現在構築中のみずほ銀行の新しい基幹システムも、ちょうど2500億円の予算でスタートしました。しかも「予定の2500億円をオーバーしそうだ」という報道が後追いでありました。

 額が大きすぎてピンときませんが、むちゃくちゃ高い!ということだけはわかります。

 そもそも、みずほ銀行などのメガバンクが誕生した際、「別々にシステム構築費をかけるよりは、合併して1システム分で済ませたい」が合併理由の筆頭に挙げられていたくらいです。

 メガバンクの基幹系は少し特別ですが、大企業であれば、一部門が使うシステムに5億、10億かかることは珍しくありません。

 今回は、「誰のせいで高くなっているのか?」という素朴な疑問について考えてみます。

誰も自分のせいとは思っていない?

 ITの値段が高いことについて、関係者はどう思っているでしょうか?

 まず、ITを作っている当事者のエンジニア。
 ・もともと複雑なものを作っているのだから仕方がない。適性なコスト
 ・業務担当者が「あの機能も欲しい」とワガママ言うから高くなる
 ・これ以上費用を削ると、バグだらけですぐに止まったり、使いにくくなる
 という感じです。

 一方の業務担当者は、
 ・いつも「金がかかるから我慢しろ」と言われて耐え忍んでいる
 ・少し直してくれと言うと100万かかるとか言われる
 と不満を抱えています。

 もちろん経営幹部は
 ・高い! なんとかならんのか?
 ・高くてもそれだけの価値があると示してくれるなら出すよ、俺だって
 という声が多いでしょうか。

 一つ言えるのは、IT高いのは、誰も自分のせいだとは思っていなさそうなことです。しかし、本当にそうなのでしょうか?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
新入社員から社長まで ビジネスにいちばん使える会計の本

新入社員から社長まで ビジネスにいちばん使える会計の本

安本隆晴 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2016年4月

<内容紹介>
ユニクロ、アスクルなどの監査役を務める著者が、決算書の注目点から資金繰り、会計PDCAの回し方まで、知識ゼロから結果を出す方法をやさしく教えます。本書がめざすのは、知識をたくわえるだけの会計ではなく、実際にビジネスの現場で使える会計です。重要な数字をもとに考え行動することで、ビジネスの成果は大きく変わります。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、5/15~5/21)


注目のトピックスPR


白川 克(しらかわ・まさる)

"大学では経営学を勉強してました。つまり文系です。でも新卒で入った会社でプログラマーの訓練を受け、企業が使うシステムをゴリゴリ作ってました。
その2つの経歴が影響したのか、最終的に「経営や業務観点でITをうまく使う支援をする人」つまりIT寄りのコンサルタントになりました。
得意なことは、プロジェクトを成功させること。ファシリテーターとしてよき意思決定に皆を導くこと。コツや方法論を言語化すること。
直球しか投げられないので、お客さんにとって耳が痛い正論をぶつけたりして、たまに自分でも痛い目にあったりしてます。 重度の自転車ロングライドマニアで、ブルベというイベントで90時間で1200km走ったりしてます。
著書 『反常識の業務改革ドキュメント プロジェクトファシリテーション<増補新装版>』 『業務改革の教科書―成功率9割のプロが教える全ノウハウ』 ブログ プロジェクトマジック http://blogs.itmedia.co.jp/magic/


IT嫌いの社長こそ、エンジニアに任せるな!

ITのエンジニアじゃない普通の人も、ITなしでは仕事にならない世の中に。だけど、よくわからないし、エンジニアの話は理解できないし、できれば関わりたくない。そんなIT嫌いの社長をはじめ、ビジネスパーソン向けのITの中身を勉強せずに、ITの本質が理解できて、ITを会社に活かす方法がわかるようになります。

「IT嫌いの社長こそ、エンジニアに任せるな!」

⇒バックナンバー一覧