ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

薬価改定で大幅値引きを迫られる製薬業界の猛反発

週刊ダイヤモンド編集部
2016年1月12日
1
nextpage
昨年12月、2016年度の薬価制度改革の骨子を示した厚生労働省 Photo by Hiroaki Miyahara

 「理不尽極まりない。医薬品のイノベーションを阻害しかねない」──。

 製薬業界幹部のその憤りの矛先は、来年度の薬価改定案だ。

 厚生労働省は2015年末、厚労相の諮問機関である中央社会保険医療協議会(中医協)の薬価専門部会に、「次期薬価制度改革の骨子(案)」を提示し、大筋で了承された。

 その中で、当初の予想よりも売れ過ぎた医薬品の薬価を引き下げる「市場拡大再算定」制度を、“巨額”品目にも拡大(特例再算定)させる仕組みを盛り込んだ。目的は増え続ける医療費の抑制だ。

 もちろん業界は反発一色。「予想を超えた大ヒット商品ほど大幅値引きということ。市場原理に反する」とは大手製薬幹部だ。

 これまでの市場拡大再算定の基準は、年間売り上げが150億円超(薬価ベース)で、かつ当初想定された売り上げの2倍以上の医薬品を対象に、薬価を最大25%引き下げるものだ。

 一方、このたびの改定案では、年間売り上げが1000億~1500億円で、かつ当初想定された売り上げの1.5倍以上の場合は最大25%。また、同1500億円超で、かつ当初想定された売り上げの1.3倍以上の場合は、最大50%も薬価を引き下げる。

 「これまで十分に対応できなかった部分にメスを入れる。従来の制度の基準である売り上げ予想の2倍超になる大型薬はほとんどなく、形骸化していた」と厚労省幹部は言う。

 だが、この大型薬の狙い撃ちは、そのまま新薬メーカーの経営へのダメージとなる。

次のページ>> 画期的新薬も対象に?
1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年9月3日号 定価710円(税込)

特集 メガバンク 地銀 証券 金融エリートの没落

本業全滅!銀行員、証券マンの苦悩を徹底描写

【特集2】
全てはボールペン軸から始まった
「加工の匠」積水化学の開発力

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧