ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
0歳からみるみる賢くなる55の心得
【第57回】 2016年3月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん],小野寺暁子

美意識の育て方
――勉強ができて、
心の強い子に育つ心得10

1
nextpage

ある4~5歳の女の子との対話

久保田カヨ子
(Kayoko Kubota)
1932年、大阪生まれ。
脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける“久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計34万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』(以上、ダイヤモンド社)などベストセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。
【株式会社脳研工房HP】 http://www.umanma.
co.jp/

 幼児のよく遊ぶ場所でスケッチをしていたら、4~5歳の女の子が、
「私の顔を描いてちょうだい」
 と言って寄ってきました。

 私はその子の顔の特徴をよく似せて、うまい出来栄えに描けたのですが、全然喜びません。

 それどころか、不思議な顔つきで、
「ママのほうがうまい」
 と言ったのです。

 いつもどんな顔を描いてもらっているのかと思い、次にマンガ的に目はパッチリ、髪にリボンをつけ、その女の子と似ても似つかぬ顔を描くと、それには満足してうれしそうに応じました。

 もうひとり、同年齢の女の子の顔を写実的に描きました。
 すると、とても喜び、彩色してくれるよう頼まれたので、「髪の色は?」と聞くと、「ピンク」と答えました。

 大人では考えつかないピンク色の髪は新鮮で、その子のかわいらしさを強調してくれて、思いがけぬ効果が出ました。

 既成観念にとらわれて、女の子のまつげを目の上下に描き、小さな口元に長い髪、リボン──という型どおりの絵でも自分を描いてくれたと思い込む最初の女の子は、お母さんの心なく描く絵に、夢や想像力を抑えつけられています。

 ピンクの髪の色を選んだ女の子は、なにもピンクが内容を表すのにピッタリだと思ったのではありません。

 ピンクが好きだっただけなのです。
 その子が大きくなったとき、その絵を贈りましたが、ピンクの髪はそのころのかわいらしさを彷彿(ほうふつ)とさせるものがありました。

 お母さんが絵を描くとき、上手に描けるほうがいいのですが、下手でもかまいません。車なら車の特徴を正確に描く。見えないものまで描く必要はありません。

 私はよく、
おまえの鼻は少し丸くて、穴がよく見えるな
右の目のほうが少し大きいかな
 とか言いながら描いてやりました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

 

1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計25万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』など多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。

【脳研工房ホームページ】
http://www.umanma.co.jp/

 


0歳からみるみる賢くなる55の心得

「25万部突破のベストセラー「カヨ子ばあちゃんシリーズ」のスーパーBEST版がついに登場!!『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』の3部作を、「日本式伝統育児で生き抜く心をはぐくむ」「自らの生を喜び、感謝の心をはぐくむ」「子どもの脳力が120%アップする」「勉強ができて、心の強い子に育つ」の4パート55の心得として1冊に凝縮。「脳科学おばあちゃん」が教室で20年教え続ける基本の子育て55。脳が賢くなると、心も強くなる!特別付録に「お母さんも子どもも笑顔になる!カヨ子ばあちゃんのらくチ~ン!野菜レシピ14」。本連載では、そのエッセンスを紹介。【脳科学おばあちゃんからのメッセージ】ほかの本を読む前に、この一冊だけかならず読んでください。

「0歳からみるみる賢くなる55の心得 」

⇒バックナンバー一覧