ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
業界別 半年先の景気を読む

アウトドアブームは“単なる流行”ではない。
「山スカ」大ヒットの裏にある消費者の欲求変化を掴め!

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]
【第24回】 2010年6月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「今度の日曜日、一緒に山に登らない?」

 誰の言葉だと思いますか。

 私の知っている28歳OLが友達に送ったメールです。

 これまで登山と言えば、団塊世代以上の「年をとってからの趣味」程度にしか思われていなかったものが、ここにきて、特に若年層のレジャーの一押しイベントになり始めています。

 この登山ブームの裏側にあるものは何なのか。

 登山ブームの背景を探ると、今の消費者のニーズの変化が見て取れます。

今回は、広い意味でのアウトドアブームから、これからのマーケティングの新潮流を探ります。

「山スカ」ってご存知ですか?

 2010年のファッション業界においてもっとも注目されているファッションに「アウトドア」があります。

ゴールドウイン「ハイベントレインスカート」防水透湿性素材を使っているため、雨の日でもおしゃれを楽しめる。
Copyright(c) 2010 GOLDWIN Inc

 2010年秋・冬の主役になることは間違いないトレンドです。

 その代表的な新しいアイテムが「山スカ」です。

 山スカとは何か?

 それは、「山歩き用のスカート」のことです。通称、「山スカ」と呼ばれています。2008年ごろから市場に投入され、当初はそれほどでもなかったのですが、2009年の春ごろからかなりの人気アイテムになっています。

ミズノ「ストレッチトレイルスカート」撥水加工を施したストレッチ素材を使っており、たっぷり収納できるポケット付き。Copyright(c)MIZUNO

 登山の際にこの山スカだけを履いて登る人はほとんどなく、通常は下にレギンスやスパッツなどをあわせて着るものです。ミズノ、ゴールドウイン(ノースフェイス)などのスポーツメーカー、モンベル、チャムスなどのアウトドアブランドからも続々と女性向け山スカートが発売されています。

 また最近では、ワンピースや、カラフルなジャンパー、帽子、手袋、靴にいたるまで、たくさんのかわいいアイテムが発売されています。

 これらのアイテムの特徴は以下の通りです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岩崎剛幸 [船井総合研究所 上席コンサルタント]

平成3年、株式会社船井総合研究所入社。現在、同社、上席コンサルタント。「戦略は思いに従う」を信条にファッションを専門分野として、現在では百貨店、アパレルメーカー、SPA専門店を中心としたアパレル、流通小売業のコンサルティングに従事している。現場支援と通算2,000回を超える講演活動により、情熱に満ち溢れた企業づくりにまい進している。テレビ出演、雑誌、新聞などへの執筆も数多く、コメンテーターとしての活動にも注目が集まっている。この数年のコンサルティングテーマは「永続するための企業ブランド戦略づくり」。社員が誇れる会社を作るためのコンサルティングに全力を注いでいる。
最新著の『超繁盛店のツボとコツがゼッタイにわかる本』や『コンサルタントの「お仕事」と「正体」がよーくわかる本ー本当のところどうなの? 本音がわかる! 仕事がわかる!』(共に秀和システム)などがある。

【関連サイト】「丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ」


業界別 半年先の景気を読む

不透明な経済状況が続き、半年先の景気を読むことさえ難しい日本経済。この連載では、様々な業界やテーマで活躍する船井総研の専門コンサルタントが、業界別に分析し、半年先の景況感を予測していきます。

「業界別 半年先の景気を読む」

⇒バックナンバー一覧