ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

「eo電気」の料金設定は分かりやすさで勝負

ケイ・オプティコム藤野隆雄社長に聞く

週刊ダイヤモンド編集部
2016年1月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

4月にいよいよ家庭向け電力市場が自由化される。関西圏で光ファイバーネットワークによるインターネット接続サービスや電話サービスである「eo光」を提供するケイ・オプティコムは、「eo光」利用客向けの電気料金メニューを発表。同社は関西電力の完全子会社だが、本格的に家庭向け電力市場に参入する。藤野隆雄社長に戦略と新たに発表した電気料金メニューの狙いを聞いた。(聞き手/週刊ダイヤモンド編集部 片田江康男)

――「eo電気」を発表しました。ソフトバンクグループやKDDIなどの通信会社やガス会社などが相次いで電気料金メニューを発表しているが、「eo電気」の特徴をお教えください。

ふじの・たかお
関西電力常務取締役経営改革・IT本部長を経て、2009年6月よりケイ・オプティコム社長。Photo by Yasuo Katatae

 現在、各社からさまざまな料金メニューが出ており、これからもたくさん発表されるでしょう。そうしたなかで、私たちはお客様にとって、できるだけ分かりやすい内容にしなければならないと考えました。その結果、「eo電気」は基本料金(1296円/月、一契約ごと)と電力量料金(25.92円/kWh)の2つの単価のみという形にしました。

 基本的に、私たちのサービスである「eo光」にご契約いただいているお客様向けの料金メニューになります。もし、「eo光」にご契約いただいていないお客様は、ぜひこれを機会にインターネット接続を「eo光」に乗り換えていただき、それと一緒に電気もこれまでの関西電力から「eo電気」に変えていただきたいと思います。

 分かりやすさを追求するということで、契約事務手数料と解約清算金を「eo電気スタート割キャンペーン」の一環で無料にしました。お客様は契約した後でも「本当にベストの選択をしたのか」と不安になるものです。私たちとご契約いただいても、すぐにもとに戻れるという安心感を持っていただくようにしました。

――関西電力のこれまでの電気の契約(従量電灯A)と比較すると、どのような家庭にメリットが出るのでしょうか。

 私たちの「eo光」をご利用のお客様は、9割が一戸建てにお住まいで、平均よりも電気使用量が多い方々です。関西電力の従来の「従量電灯A」と比較すると、月の電気使用量が440kWhを超えると、料金のメリットが出てきます。500kWhですと約3%、600kWhなら約6.6%、700kWhなら約9%も安くなります。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月1日号 定価710円(税込)

特集 特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国

違いが分かる食の帝国を徹底解明!

【特集2】
2017年 新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続 選考解禁前倒しも競争は激化

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧