ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田岡俊次の戦略目からウロコ

蔡英文政権で台湾独立の動きが再燃することはない

田岡俊次 [軍事ジャーナリスト]
【第62回】 2016年2月4日
1
nextpage

台湾の総統選挙と立法院(議会)選挙で蔡英文女史と彼女が率いる民主進歩党(略称・民進党)が圧勝したため、日本では「台湾で独立への動きが再燃し、中台の緊張が高まるのではないか」との懸念、あるいは期待が語られる。だが現実には台湾の世論調査で「現状維持」を望む人は88.5%に達している。

米国は中国とのトラブルを警戒して台湾独立には断固反対の姿勢を示しているし、台湾にとり大陸との経済関係は絶大だがら、蔡女史は台湾でも米国でも「現状維持」を唱えて支持を求めてきた。それだけに蔡女史が5月20日に総統に就任しても独立志向と見られる言動は避けざるをえず、立法院もせいぜい「いま以上の大陸との一体化に抵抗する」程度になる公算が高いだろう。中国、台湾双方との経済関係が重要である日本にとっても中台が対立することは不利だから、蔡総統が穏健な政策で安定をはかることが期待される。

独立を望んだ陳水扁総統は
米国に激しく非難された

女性初の台湾総統となる蔡英文氏 Photo:REUTERS/AFLO

 1月16日に投開票が行われた台湾の総統選挙で民進党の蔡英文(ツァイ・インウェン)主席(59)は689万票を獲得。国民党の朱立倫(チュ・リールン)主席に308万票もの差を付けて当選した。蔡女史は台湾で初の女性総統になるだけでなく、中国本土、香港、シンガポールを含む中華圏で初の女性総統となる。

 民進党にとっては2人目の総統で、2000年から2008年まで総統だった陳水扁(チェン・シュエビェン)氏は蒋経国(蒋介石の長男)総統の時代に投獄されたこともある反体制派弁護士出身で台湾独立志向が強く、「中華民国憲法は中国全土を統治していた当時に定めたもので台湾の実情に合わない」として2004年3月に憲法改正の賛否を問う住民投票を行おうとした。

 米国は台湾独立運動が激化し、中国と台湾の「二者択一」を迫られては不利だから、陳水扁氏に強い警戒心を示し、米国務省は「台湾独立につながる動きを支持しない」「米国は台湾防衛の義務を負っていない」と台湾側に通告した。

 米国が1979年に中国と国交を樹立し、台湾と断交した際、申し訳的に定めた台湾関係法は「米国は台湾住民の安全、あるいは社会または経済体制を危機にさらすいかなる武力行使または他の形による強制にも抵抗する能力を維持する」としている。「能力を維持する」だけで、それを発揮するとは定めていないから、「台湾防衛の義務を負っていない」というのは事実なのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田岡俊次 [軍事ジャーナリスト]

1941年、京都市生まれ。64年早稲田大学政経学部卒、朝日新聞社入社。68年から防衛庁担当、米ジョージタウン大戦略国際問題研究所主任研究員、同大学講師、編集委員(防衛担当)、ストックホルム国際平和問題研究所客員研究員、AERA副編集長、編集委員、筑波大学客員教授などを歴任。動画サイト「デモクラTV」レギュラーコメンテーター。『Superpowers at Sea』(オクスフォード大・出版局)、『日本を囲む軍事力の構図』(中経出版)、『北朝鮮・中国はどれだけ恐いか』など著書多数。


田岡俊次の戦略目からウロコ

中国を始めとする新興国の台頭によって、世界の軍事・安全保障の枠組みは不安定な時期に入っている。日本を代表する軍事ジャーナリストの田岡氏が、独自の視点で、世に流布されている軍事・安全保障の常識を覆す。さらに、ビジネスにも役立つ戦略的思考法にも言及する。

「田岡俊次の戦略目からウロコ」

⇒バックナンバー一覧