ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
課長は労働法をこう使え!
【第1回】 2016年2月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
神内伸浩 [弁護士]

「ハラスメントブーム」の時代に
労働法を知らない課長がヤバすぎる理由

1
nextpage

セクハラ、パワハラ、マタハラ、ソーハラ、スモハラ、アルハラ……。いま、労働環境はにわかに「ハラスメントブーム」状態に。部下発、上司発、会社発とあらゆる労働問題に巻き込まれる課長にとって、おそらく過去最大レベルに労働法の知識が求められる時代が訪れています。インパクト大の事例とともに、実践的な「法律の使い方」をお伝えする連載第1弾。
(文中の一部の事例は、事実をもとに改変を加えたものです)

課長が訴えられて
損害賠償責任を負わされた話

 課長が労働法を理解していないと、どんなことが起きうるのでしょうか。

 労働法の基礎知識をもたない課長が、自分の経験だけで判断し、労働問題の当事者になるケースは少なくありません。たとえば「サントリーホールディングスほか事件」(東京地裁 平成26年7月31日判決)は、上司の部下に対する行動が「不法行為」と認められた事案です。

----------

上司が、一人の部下の勤務態度に不満をもちました。
指示された業務の納期を守らなかったことなどが、その理由です。
「おまえは新入社員以下だ。もう任せられない」
「何でこんなことがわからないんだ。おまえは馬鹿だ」
上司は部下に言い続けました。
これは明らかなパワハラです。
間もなく部下はメンタルヘルスの不調をきたします。
心療内科で重度のうつ病と診断され、休職するように言われました。
そこで翌日、診断書を添えて上司に3ヵ月の休職を願い出ました。
これに対して上司は、ちょっと考えられないような自分勝手な判断をします。

まず、心療内科の診断書を、自分の机にしまったまま放置しました。
もちろん本来であれば、人事部に提出しなければいけないものです。
そして部下にこう告げます。
「3ヵ月の休養については、有給休暇で消化してくれないか」
「君は隣の部署に異動する予定だが、もし3ヵ月の休職をするなら、異動の話は白紙に戻さざるを得ない。つまり休職後も私の下で仕事を続けることになる」
「今日から4日以内に、どうするか判断してほしい」
この部下は、悩んだ末に有給休暇を取得することを選びました。
そして、会社と上司を訴えました。
裁判所は、上司の暴言をパワハラと認定。
また、診断書の棚上げを不法行為に当たるとして、損害賠償を命じました。

-----------

 「休職させるべき」という医師の診断書が出ているにもかかわらず、自分の判断で棚上げするなど、どう考えても明らかに許されない行為です。

 もし、この上司にわずかでも労働法の知識があれば、自ら身を滅ぼすようなことはしなかったはずです。部下に訴えられてしまった後では、「労働法を知らなかった」では済まされないのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


神内伸浩 [弁護士]

(かみうち・のぶひろ)労働問題専門の弁護士(使用者側)。1994年慶応大学文学部史学科卒。コナミ株式会社およびサン・マイクロシステムズ株式会社において、いずれも人事部に在籍。社会保険労務士試験、衛生管理者試験、ビジネスキャリア制度(人事・労務)試験に相次いで一発合格。2004年司法試験合格。労働問題を得意とする高井・岡芹法律事務所で経験を積んだ後、11年に独立、14年に神内法律事務所開設。民間企業人事部で約8年間勤務という希有な経歴を活かし、法律と現場経験を熟知したアドバイスに定評がある。従業員300人超の民間企業の社内弁護士(非常勤)としての顔も持っており、現場の「課長」の実態、最新の労働問題にも詳しい。
『労政時報』や『労務事情』など人事労務の専門誌に数多くの寄稿があり、労働関係セミナーも多数手掛ける。共著に『管理職トラブル対策の実務と法 労働専門弁護士が教示する実践ノウハウ』(民事法研究会)、『65歳雇用時代の中・高年齢層処遇の実務』『新版 新・労働法実務相談(第2版)』(ともに労務行政研究所)がある。単著は本書が初となる。


課長は労働法をこう使え!

パワハラ、セクハラ、ソーハラ、マタハラ……。昨今は、これまであまり問題視されてこなかったコミュニケーションにも「ハラスメント」のレッテルが貼られるようになりました。課長にとって、おそらく過去最大レベルに労働法の知識が求められる時代だと言えるでしょう。そこで本連載では、国内企業と外資系企業の人事部でサラリーマン経験がある労働問題解決の第一人者が、事例とともに実践的な「法律の使い方」をお伝えします。

「課長は労働法をこう使え!」

⇒バックナンバー一覧