ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「第二の開国」が迫る! 新興国マネーはハゲタカか

顔が見えない巨大投資家
中国国家ファンドの「本当の姿」とは?

勝又幹英 [ニュー・フロンティア・キャピタル・マネジメント(株)代表取締役社長]
【第2回】 2009年6月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「日本を買い叩け!!」

 こんなセンセーショナルなキャッチコピーで注目を集めている映画「ハゲタカ」の公開が、いよいよ来る6月6日(土)に迫っている。

 中国の国家ファンドをバックに付けた“赤いハゲタカ”劉一華(リュウ・イーファ)が、日本の大企業・アカマ自動車へ突然TOBを仕掛ける。“伝説のハゲタカ”鷲津政彦は、かつての盟友でアカマ自動車の役員・芝野健夫に請われ、ホワイトナイトとして再び買収合戦に名乗りを上げる――。

 これは、言うまでもなく単なる映画のストーリーに過ぎない。だが、新興国、とりわけ中国の国家ファンドは、今や映画のテーマに採用されるほど注目される存在になりつつあるのだ。

 しかし実際のところ、その全貌は今なお“謎のベール”に包まれている。そこで今回は、新興国の中でも存在感を増しつつある「中国の国家ファンド」の知られざる実態に迫ってみよう。

投資手法は「ファンド・オブ・ファンズ」
顔が見えにくい中国の国家ファンド

 まず、一口に「ファンド」と言っても、民間のプライベートエクィティ(PE)ファンドと国家ファンドは、実はかなり性格が違う。まず、国家ファンドの最大の特徴は、多くの場合、設立の趣旨が一般的なイメージのファンドと異なることだ。

 たとえば、PEファンド、特にバイ・アウト・ファンドは、会社の支配権を押さえることにより、自ら、または自らが推薦する経営陣が主体的(ハンズ・オン)に企業価値の向上を目指すというスタンスを取っている。

 ファンドマネジャーは、他人の資金を自らの投資方針で運用し、金融的リターンの最大化を目指す。

 それに対して国家による投資は、他人の資金を預かって運用するわけではない。実は、便宜上(1)国家ファンド、(2)国営企業、(3) 国営企業の一部門、(4) 投資子会社などの形態をとっているだけだ。

 その理由は、国家の莫大な資金を運用するため、そもそもファンド組成時に資金調達をする必要がないから。運用についても国家自らが選んだファンドマネジャーで運営するため、投資家と運用者は事実上同じである。

 自分の資金を自分で運用・投資することを「プリンシパル(自己勘定)投資」と言うが、投資資金を持つ者を「投資家」と定義するなら、国家ファンドの実態は「国家資産を原資とするプリンシパル投資機関」と言える。つまり、「投資家」あるいは「投資機関」そのものに他ならないのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

勝又幹英 [ニュー・フロンティア・キャピタル・マネジメント(株)代表取締役社長]

東京大学教養学部卒。日本興業銀行、メリルリンチ日本証券、日本みらいキャピタルを経て、2007年ニュー・フロンティア・キャピタル・マネジメント(株)(NFCM)設立。新興国向けなどのファンド設立などを手がける。共著に「日本のプライベートエクイティ」(日本経済新聞社)など。

------------確かな企業力を創る。------------

   ★NFCMのHPはこちら


「第二の開国」が迫る! 新興国マネーはハゲタカか

中国、東南アジア、中東などをはじめとする新興国の国家ファンドが、世界中で急速に台頭しています。莫大な資金力を背景に、日本経済にも大きな影響を与えかねない「新興国マネー」の知られざる正体に迫ります。

「「第二の開国」が迫る! 新興国マネーはハゲタカか」

⇒バックナンバー一覧