ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ある日突然、親の介護が始まった!

実家の母が長期入院!
老いた父は家事もできずSOSが…

小出真由美 [日本マンパワー 人材開発企画部 研究開発グループ 専門課長]
【第1回】 2016年2月23日
1
nextpage
親の介護は、決して他人事ではありません

 少子高齢化が急速に進んでいます。

 現在、多くの会社で40代以降の世代が組織の中心を担ったり、管理職として活躍しています。しかし、そんな組織の屋台骨である彼らが突然、家族の介護のために退職したり、退職までいかなくても仕事に注力できず、働くモチベーションが下がってしまう事態が多数起きています。

 政府は「一億総活躍で介護離職ゼロ」という目標を掲げていますが、その背景にあるのが、まだまだ介護と仕事の両立が難しく、いざ介護をすることになると、働き続けることをあきらめてしまう人が多いという現実です。

 介護離職、果たしてそれは他人事でしょうか?

 75歳を過ぎると、3人に1人が介護の支援が必要になるというデータもあります。親が健在の方は、誰しも介護に関係がないとは言えないのです(参照:厚生労働省「介護保険者事業状況報告」)。

 介護は、ある日突然始まります。そして、介護を会社に隠し仕事をしているいわゆる隠れ介護も増えています。自分はまだ大丈夫、関係ないと思っている方にこそ、ぜひ今回からご紹介する事例を読んでいただきたいと思います。

東京で課長として働く45歳男性
ある日突然、病院から電話が…

【事例:母が突然の入院】
浅野和夫(仮名)45歳 
メーカー勤務 営業部門の課長職 部下は7人

 今日は、午前中は客先で打ち合わせ、社に戻ってからは新戦略の会議があり、忙しい一日だった。

 それは突然始まった…。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小出真由美[日本マンパワー 人材開発企画部 研究開発グループ 専門課長]

株式会社日本マンパワーで、女性向けのキャリア研修として、女性がライフイベントをポジティブに捉え、自分の軸を持つことで、働く上でのキャリアをどう描くか等をテーマにした研修を開発。その傍ら、産業カウンセラー、キャリア・デベロップメント・アドバイザー、メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅰ種マスターコース、ワーク・ライフ・バランスコンサルタントなどの資格を持ち、組織内のキャリア、メンタルヘルス、ワーク・ライフ・バランスの施策のコンサルティングや、各種セミナー講師も行っている。
日本マンパワーHP

 


ある日突然、親の介護が始まった!

組織の屋台骨である40代以降の社員の離職が増えています。親の介護と気疲れ、疲労が離職の理由というケースです。この連載ではある会社員男性に突然起こる介護の問題を中心に展開しながら、介護の現状や自分の役割を考え、うまく仕事と介護を両立するためのポイントをお伝えします。

「ある日突然、親の介護が始まった!」

⇒バックナンバー一覧