ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ホリエモン的常識

不倫は「文化」ではない
不倫は「人間ならば当たり前」のことなんだよ
【ホリエモン的常識】

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]
【第71回】 2016年3月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
Q.芸能人の不倫報道が世を賑わしています。不倫を擁護する立場では決してありませんが、なぜ世の中は不倫に対してこれほど厳しのでしょう。婚姻という手続きが、親族を含めて相手を幸せにするための契約と考えれば、不倫は契約違反なのかもしれませんが、堀江さんはどう思いますか。

不倫に対する厳しい風当たりは
芸能人に対する妬み嫉みの表れだよ

A.どうでもいいと思います。

 ある人と結婚をして、その人とずっと一緒にいて、男であれば妻以外の女性とは接触を持たないといった生活は、多くの人にとって無理だと思います。

 必ずだれでも、大なり小なり飽きがくると思います。もちろん相性のいい人はいるとは思いますが、それでもいつかは飽きるでしょう。

 社会的には不倫をすると不法行為となり民事上の賠償責任が生じるので、私は結婚をするつもりはありません。ただ、不倫は倫理的にはまったく問題はないと思いますし、人間としてはごく普通のことだと思っています。こっそり隠れて不倫している人は、世に山ほど存在すると思いますから。

 芸能人の不倫に対して厳しい反応があるのは、自分のことは棚に上げて、「人気がある人がどん底に落ちていくのを楽しみたい」といういやらしい精神からくるもので、妬み嫉みが顕在化しているだけの現象だと思います。

 反面、一般人の不倫など当たり前すぎて、内心はどうでもいいと思っているのではないでしょうか。

Q.各種の「住みたい街ランキング」では最近、恵比寿(東京都渋谷区)が上位に顔を出すようになりました。堀江さんは恵比寿に魅力を感じますか。また、現在、堀江さんにも住みたいと思う街はあるのでしょうか、教えて下さい。

どこにも定住したくない
だから「住みたい街」といった発想自体がわからない

A.恵比寿は、街がコンパクトにまとまっていて、飲食店も安くて美味しい店が多いという印象です。

 新しい流行を取り入れるのも早いですし、その割に治安も良いので魅力的な街だとは思います。ただ、私は恵比寿に住んだことはまだありません。

 というのも、そもそも私は「どこにも住みたいと思わない」という変わった性質で、そのため現在でも「定住」をしていません。

 そのため、申し訳ありませんが、住みたいと思う街はありません。それは魅力のある町がないという意味ではなく、そもそも住みたい、すなわち定住をしたくないためです。できれば毎日、どこかを転々としながら、生きていたい人間なのです。

 例えば、田舎は長くいると徐々に飽きてくることもありますが、1~2日であれば楽しいですし、食事がまずいと思う海外でも短期間であったら楽しいと思います。

 東京も楽しいですが、やはり東京にずっといると、ぬるま湯につかったようになってしまいます。食べるものも美味しいし、女性も美しい。仕事もそれなりにしやすいので、その反面で、どうしても自分自身の成長が止まってしまいますからね。

毎週月曜日に配信!

あのホリエモンのメルマガがダイヤモンド社から配信開始

  • 毎週月曜日は、通常号「堀江貴文 ブログでは言えない話」
  • 毎週火曜日は、DPMだけの特別配信「ホリエモン的常識」
    (週刊ダイヤモンド連載生原稿)

メルマガ申し込みへ

●橘玲、闇株新聞などダイヤモンド社の著者がメルマガを配信!DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月1日号 定価710円(税込)

特集 特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国

違いが分かる食の帝国を徹底解明!

【特集2】
2017年 新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続 選考解禁前倒しも競争は激化

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

注目のトピックスPR

話題の記事

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]

1972年福岡県八女市生まれ。血液型A型。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で一気に時代の寵児となる。しかし2006年1月、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され懲役2年6ヵ月の実刑判決を下される。2013年11月に刑期を終了し、ふたたび自由の身となって「ゼロ」からの新たなスタートを切った。自身のブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」で独自の見解を展開中。著書に『徹底抗戦』『人生論』『希望論』など。TV、ラジオ、インターネット番組と幅広く活躍中。


ホリエモン的常識

日本で一番有名な企業家、ホリエモンが世間の常識に囚われずに、本音の回答を行なうQ&A連載がスタート。

毎回、起業、IT、テクノロジー、経済、時事問題などあらゆるジャンルの質問に答えていきます。質問は以下から q-horie@diamond.co.jp  週刊ダイヤモンドでの連載と連動し、DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)では、フルバージョンでの配信も行ないます。

「ホリエモン的常識」

⇒バックナンバー一覧