ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

不倫した妻の「その気はなかった」という嘘に
どう対処したらいいか(上)

露木幸彦 [露木行政書士事務所代表]
【第22回】 2016年2月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
不倫して、自分は被害者だとしらばっくれる妻に対して、夫はどうしたら良いのか

 昨年も数多の事件、事故、トラブルが世間を騒然とさせましたが、あなたは何が一番、印象に残っているでしょうか?そのなかで私が最も衝撃を受け、未だに腑に落ちずにいるのは「新橋の弁護士の局部切断事件」。

 まだ記憶に新しいところですが、ご存じない方のために少しだけ振り返ると……報道によると加害男性の妻は被害男性(弁護士)の事務所で働いていたのですが、あろうことか2人は不倫関係に発展したようで、後日、加害男性(元ボクサー)が不倫の事実を知り、当然のごとく激怒したのです。そして加害男性は弁護士の事務所に乗り込み、弁護士へボクシング仕込みの鉄拳を食らわせ、ノックアウトした上で弁護士の局部を枝切りばさみで切り落としたという事件で、「平成の阿部定」と呼ばれています。現在、刑事裁判は進行中で、第2回の公判が昨年11月に行われたので、そろそろ3回目の公判でしょうか。

不倫男:職場内でのハラスメント(パワハラ、セクハラ、マタハラ)が社会問題化しているご時勢に女性事務員をしつこく誘うなど、法律を生業とする弁護士が法律そのものを蔑ろにしたこと。
:夫から事の真偽を問いただされると「無理やりレイプされたの」とシラを切ったのに、本当はノリノリで女子高生のコスプレをし、変態プレイに興じていたこと。
:妻の女性器に男の男性器が挿入されている瞬間を思い浮かべた挙句、「局部切断」という復讐方法を思いつき、あろうことか本当に行動に移したこと。

 このように夫、妻、そして不倫男のエピソードはあまりにも強烈でインパクト大。とにかく驚きの連続だったのですが、そのせいで「木を見て森を見ず」になっていないでしょうか?木とは「登場人物がどんなに『ゲス』だったのか」、森とは「妻の不倫に遭遇した場合、夫はどのように解決すれば良いのか」。木の部分があまりにも「ゲス」すぎて、皆さんの頭は思考停止に陥っていないでしょうか?何が正解だったのかというタラレバ論です。

夫からの追及をかわし、全く反省をしないのは
不倫常習者の常套手段

 今回の事件はどのような結末を迎えたのでしょうか?不倫男の局部を切断することで、夫は一時、留飲を下げたかもしれませんが、どんな理由があるにせよ暴力は暴力です。暴力で問題が解決し、人を幸福にし、心が満たされるわけもなく、実際には人を不幸に陥れ、心は満たされないまま、問題(妻の不倫)は依然として未解決なままなのですが、本当にこれで良かったのでしょうか?夫はこのような結末を望んでいたのでしょうか?

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

露木幸彦[露木行政書士事務所代表]

つゆき・ゆきひこ/行政書士、フィナンシャルプランナー。1980年生まれ。国学院大学卒。男性の離婚相談に特化した行政書士事務所を開業し、開業から6年間で有料相談件数7000件、法律文書作成900件を達成。公式サイトは1日訪問者3300人、会員数は1万3000人と、業界では最大規模にまで成長させる。2008年よりドコモ、au、ソフトバンクの公式サイトで法律監修を担当。四半期に一度、大相談会を開催している。主な著書に『結婚貧乏~結婚してはいけない人を避ける方法』(中央公論新社)、『離婚のことばハンドブック~今すぐ解決したい人のキーワード152』(小学館)、『男のための最強離婚術』『男の離婚 賢く有利に別れるための6つの成功法則』(共にメタモル出版)などがある


実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

昨今の離婚事情は複雑化している。夫が借金、浮気、暴力を繰り返して妻に愛想を尽かされるという「昭和型離婚」ばかりでなく、足もとでは「草食系離婚」も急増している。妻が多重債務、不倫、ヒステリーなどを繰り返し、真面目で優しい夫がそれに絶えられなくなって離婚を決意するというパターンだ。そうしたなか、離婚トラブルで悩み悶える男性が増えている。一度離婚トラブルに発展すると、男性は多くの精神的・物理的な負担を強いられる。到底納得できない理不尽な離婚トラブルに意図せず巻き込まれた場合に備えて、普段から対処法を考えておくことは必要だ。「男性の離婚相談」に特化し、数多くの相談実績を誇る行政書士の露木幸彦氏が、毎回実例を挙げながら、男性が陥り易い離婚トラブルへの対処法を指南する。読まずに泣くか、読んで笑うか――。現在離婚トラブルで悩んでいる人もそうでない人も、「他人事ではない男の離婚」について考えるための参考にしてほしい。

「実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦」

⇒バックナンバー一覧