ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

民泊参入を準備するHOME'Sの勝算

ネクスト代表取締役社長 井上高志

週刊ダイヤモンド編集部
2016年3月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

個人宅などを使って、旅行者に宿泊場所を提供する民泊ビジネス。火付け役となった米国のマッチングサービス、エアビーアンドビー(Airbnb)に対し、競合サービスを準備する不動産情報サービス大手、ネクストの井上高志社長にその勝算を聞いた。

Photo by Naoyoshi Goto

──日本最大級の物件情報サイト「ホームズ(HOME'S)」の運営会社として、日本中の空き部屋などの情報を常に把握しています。

 私どものHOME'Sのサイトには、全国の742万件の物件情報が掲載されています。そのうちどのくらいが民泊事業に適用できる物件か正確には分かりませんが、大ざっぱに言えば、100万件ほどの規模を目指せると思っています。私たちが掲載している物件のオーナーは、賃貸の借り手を探したり、物件を売却したりするまでの期間、誰も使っていない空き部屋を収益化できるようになります。

 政府でも議論が進んでいる法的な問題がクリアになれば、すぐに事業を開始できるように準備しています。数百万件の物件情報を管理するシステムがあるのですが、物件ごとに民泊利用の可否をチェックする項目を付け加えれば、新しいサービスサイトやアプリを直ちに作れます。もちろん英語に対応することもできます。

 地域ごとの物件の収益性については、まだ知見はありません。ただし新宿などターミナル駅付近に泊まって24時間遊びたい旅行者もいれば、羽田空港から程近い一軒家に、一家5人で安価に滞在したいケースもあるでしょう。住宅地として借り手が少ない地域でも、宿泊施設としては稼げる「逆張り」のニーズは面白いですね。

──Airbnbはグローバルなサービスとして訪日外国人の需要を取り込んでいます。対抗策は。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月1日号 定価710円(税込)

特集 特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国

違いが分かる食の帝国を徹底解明!

【特集2】
2017年 新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続 選考解禁前倒しも競争は激化

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧