ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

大手アパレル閉店跡地を狙う
急成長ブランドの荒い鼻息

週刊ダイヤモンド編集部
2016年3月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
イオンモール太田のアメリカン ホリック1号店。自信作の2500円のデニムは、同店舗だけで500本用意。文字通り勝負を懸ける

 「長年のご愛顧誠にありがとうございました」。2月27日、イオンモール太田(群馬県)に大手名門アパレルであるワールドの「ハッシュアッシュ」や、同イトキンの「アー・ヴェ・ヴェ」の「閉店のお知らせ」が張られる中、同モール内の目と鼻の先では、「アメリカン ホリック」が1号店をオープンした。

 「アース ミュージック&エコロジー」などで急成長するストライプインターナショナル(旧クロスカンパニー)のブランドだ。

 実はこのイオンモール太田での“鉢合わせ”は、神様のいたずらばかりが原因ではないようだ。

 この1年ほど、大手アパレルは経営の抜本改革に動き、ブランド閉鎖や店舗撤退を進めている。例えば、前述のワールドは2016年3月期中に400~500店舗を閉店する予定。今年2月にファンドの支援下に入ったイトキンも、早期に400店舗規模の縮小を進める計画だ。

 石川康晴・ストライプ社長は、こうした大量に出る大手の跡地をこのアメリカン ホリックで狙うと公然と宣言しているのである。

 アメリカン ホリックは30代の女性をメーンターゲットとするカジュアルブランドで、価格はデニムで4000~6000円程度とリーズナブル。かつて流行し、今の30代以上がこぞって買った「ライトオン」などの“におい”を取り入れつつ、彼女らが年を重ねた今、求める日常着を展開する。

次のページ>> 争奪戦の勃発も近い?
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧