ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営新戦略3.0

「ユニクロにはできなかったことを」を掲げたジーユーの改革

ジーユー代表取締役社長 柚木 治氏

多田洋祐 [ビズリーチ取締役・キャリアカンパニー長]
【第3回】 2016年3月4日
1
nextpage

売上1兆円を超えるファッション衣料ブランド「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングのなかでも、ユニクロに次ぐブランドとして2006年から始まった「GU(ジーユー)」は、低価格でトレンドを身に着けられるという独自のコンセプトで多くのファンを獲得している。増収増益を続けるGUをけん引しているのは、かつて野菜事業で大赤字を出し、一度は経営の世界を退いた柚木治氏。経営に返り咲き、短期間で三度の方針転換を打ち出して現在の地位を確立した柚木氏に、経営復帰の背景と経営者としての哲学を伺った。

経営者として出した26億の赤字

多田 柚木さんはジーユーの代表取締役社長に就くまで、さまざまなキャリアを歩んできたかと思いますが、どういった経緯で現在の立場に就いたのでしょうか。

ジーユー 柚木治・代表取締役社長

柚木 1999年にファーストリテイリングに中途入社して、最初はユニクロのeコマース事業の立ち上げを担当しました。その後、会社が新規事業を始めることを知って手を上げ、野菜販売を展開するエフアール・フーズの社長に就任。しかし、これが20億円以上の赤字を出して大失敗しました。

 事業をたたむ決断をし、柳井に辞表を提出しましたが「借金を返してからにしてください」という、柳井ならではの叱咤激励を受けまして(笑)。会社に残りマーケティングや人事など担当していましたが、社員やお客様、取引先、株主などの期待をことごとく裏切ってしまったことで、完全に自信を喪失していましたね。「もう二度と経営などやるものか」と固く心に誓っていました。

多田 そこからまた経営の世界に戻ってきたのは、どうしてですか。

柚木 柳井からも3ヵ月ほど何度も「ジーユーの経営を見てくれないか」と打診されたのもありますが、決意を固めたのは当時ジーユーの社長をしていた中嶋からの言葉ですね。「いきなり初めから経営がうまくいくはずがない。一緒にやりたい。どうしても柚木さんと一緒にやりたいんだ」という誘いに、もう一度やろうと決めました。

 しかし当時のジーユーブランドは事業存続が危ぶまれるほどの赤字が続いていました。ユニクロは高品質な商品を低価格で提供するというスタンスを掲げ、一方のジーユーは衣料品市場の最低価格を追求することを目指していました。

 しかし、この2ブランドの差別化が中途半端だった。ただ単にちょっと安いユニクロになってしまっていたわけです。そこで、座して死を待つだけならば、大きな勝負をかけようという話になりました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

注目のトピックスPR

話題の記事

多田洋祐 [ビズリーチ取締役・キャリアカンパニー長]

トップヘッドハンターとして活躍後、人事部長として株式会社ビズリーチ入社し、入社時に従業員30人だった組織を4年で500人に拡大させる。現在はキャリア事業のトップとして事業全体を統括し、「ダイレクト・リクルーティング」の日本での本格的な普及に努める。

 


経営新戦略3.0

これまで数々の企業と対話を重ねてきた採用コンサルのプロが企業に横たわる経営課題をトップに直撃、その解決策について議論する。

「経営新戦略3.0」

⇒バックナンバー一覧