ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

日本の旅館にはWiFi環境のさらなる進化が必要だ

莫 邦富 [作家・ジャーナリスト]
【第274回】 2016年3月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 3月に入ってから、ほぼ1週間をかけて石川県、富山県、静岡県の伊豆半島を、日本に生活の基盤をもつ新華僑の友人たちと一緒に回った。インバウンドの誘客についていろいろと考えさせられた。

 伊豆では、稲取温泉の銀水荘に泊まった。念願の宿泊先だった。30年前、つまり留学生時代、私は日本設計事務所と、いまやすでに存在していない青木建設で、設計図面の翻訳をアルバイトとしてやっていた。

 当時、青木建設と日本設計は上海で高級ホテル太平洋飯店と世界貿易センターの建築にかかわっていたから、設計図面を中国語に翻訳して上海側に提出する必要があったのだ。そこでピーク時10名近くの中国人留学生がその図面翻訳に取り組んでいた。

 しばらくして私が翻訳した図面が一回も上海から誤訳などの問題で返品されたことがなかったため、翻訳チームのリーダーに命じられた。私を激励するために、上海プロジェクトの担当部長が「仕事が一段落したら伊豆の銀水荘での一泊旅行に招待しよう」と声をかけてくれた。

 しかし、こうして覚えたその銀水荘だったが、実は宿泊したのは今回が初めて。まさに感無量の宿泊先なのだ。

能登の人気温泉旅館では
いまだにWiFiが使えず困った

 目の前に広がる相模湾の風景を楽しめながら、温泉に浸っていたときも、豪華な食事に目を奪われながら、銀水荘が自慢する「和の心」に感心していたときも、30年間の歳月が教えてくれた諸々のことが胸の中で去来していた。

 個人的体験や感想もさることながら、観光客を受け入れる伊豆、とくに地元の温泉旅館の変化と進化に感激した。

 今回の旅行は石川県の能登半島から始まったものだが、ほとんど、温泉旅館に泊まっていた。石川県ではWiFi整備の遅れに泣きに泣いた。人気の大型温泉旅館なのに、客室はもちろん、ロビーでもWiFiが使えないのだ。書き上げた原稿や仕事関連の書類の送信に苦労した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

莫邦富(モー・バンフ) [作家・ジャーナリスト]

1953年、上海市生まれ。85年に来日。『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーに。そのほかにも『日中はなぜわかり合えないのか』、『これは私が愛した日本なのか』、『新華僑』、『鯛と羊』など著書多数。


莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

地方都市の勃興、ものづくりの精度向上、環境や社会貢献への関心の高まり…中国は今大きく変わりつつある。先入観を引きずったままだと、日本企業はどんどん中国市場から脱落しかねない。色眼鏡を外し、中国ビジネスの変化に改めて目を凝らす必要がある。道案内人は日中を行き来する中国人作家・ジャーナリストの莫邦富氏。日本ではあまり報道されない「今は小さくとも大きな潮流となりうる」新発見を毎週お届けしよう。

「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」

⇒バックナンバー一覧