ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
オリコン日本顧客満足度ランキング&アナリシス

賠償額約1億円の事故も!自転車保険は入るべきか

「オリコン日本顧客満足度調査」web事業推進部
【第1回】 2016年3月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 免許の必要なく乗れる自転車は、その手軽さから老若男女に親しまれている。身近さゆえに「事故の心配など無用」との“安全神話”につながりやすいが、年間10万件以上の事故が起きており、決して安全な乗り物とはいえない。道路交通法の改正もあり、昨今は自転車保険を取り扱う企業も増えているが、認知度は50%以下(昨年8月下旬時点の共同通信社調査より)とまだまだ低い。では、実際に自転車保険は必要なのだろうか――。その判断に役立ちそうなデータや情報を集めてみた。

自転車事故は毎日約300件発生

あなたは自転車保険に入っていますか?

 2014年の交通事故件数は約57万4000件。そのうち自転車が関わる事故は10万6000件余りで、交通事故全体の18.5%を占める。警察庁がまとめた交通事故発生状況によると、日本国内では、交通事故のおよそ5件に1件が自転車がらみの事故で、毎日300件近くの自転車事故が発生する計算となる。

 自転車事故は、(1)対自動車・バイク事故、(2)対歩行者事故、(3)単独事故の3つに大別される。(1)は被害者、(2)は加害者となることがほとんどだが、事故当事者の双方が加害者であり、被害者ともなるような案件も少なくない。そのケースではどちらの度合いが強いかで、いずれかに分類される。

 相手別に分類したデータでは、対自動車が全体の85%ほどで圧倒的に多い。次が対バイクで5.6%。以下、対歩行者、自転車同士、自転車単独の順番で、いずれも2%台の比率となっている。ただ、対歩行者は増加傾向にあり、2000年の1.1%が2014年には2.3%となっており、15年間で倍増している。

小学5年男児が加害者に
実際にあった“自転車重大事故”

 被害者、加害者、単独事故の3分類のうち、一番イメージしづらいのは、自転車運転者が加害者になるケースだろう。自動車などに比べると、より身近で手軽な乗り物だけに、大事故には至らないという思い込みがあるためだ。

 だが、現実は甘くない。前述で紹介したように対歩行者事故の比率が高まるなか、自転車が引き起こす重大事故も少なくないのだ。そこで、実際に起こった自転車事故の事例を2つ紹介しよう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


オリコン日本顧客満足度ランキング&アナリシス

サービス・商品選択の指標になるランキングとして、多種多様なジャンルの顧客満足度を発表するオリコン日本顧客満足度ランキング。このなかから、今注目のランキングを、その業界の分析も交えながら紹介していく。

「オリコン日本顧客満足度ランキング&アナリシス」

⇒バックナンバー一覧