ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

「財政非常事態」宣言など必要ない!
来年度予算編成プロセスに潜む本当の問題

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第98回】 2010年7月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 来年度予算の概算要求に向けたプロセスが動き出しました。しかし、これまでの動きを見る限り、既に二つの問題点が明確になりつつあるように思えます。このままでは、財務省主導&財政再建至上主義の予算編成となり、来年度の日本経済にかなりの悪影響を及ぼすのではないでしょうか。

政治主導の放棄?

 第一の問題点は、既に様々なメディアも報じている“政治主導での予算編成の放棄”です。

 菅首相は、予算編成プロセスが始まろうとする段階になって、政治主導の象徴であった国家戦略室の役割を、“経済財政政策の司令塔”から“首相の助言役”へと格下げすることを決めました。

 それに対して各メディアが“政治主導の放棄”と非難を始めたところ、菅首相は「内閣官房に新たな部署を設置し、そこで官房長官と政調会長が主導して予算編成を行なうので、政治主導は維持される」と反論しています。

 国家戦略室の格下げ自体、随分と無責任な話です。参院選マニフェストの中で、これまでの政権運営の成果の一つとして「国家戦略室の設置による政治主導の実現」と明記しているのに、その舌の根も乾かないうちに突然格下げしたからです。

 一説には、仙谷官房長官以下が、荒井国家戦略担当大臣には予算編成を任せられないと判断して、国家戦略室の格下げを菅首相に進言したらしいですが、そんな経緯はどうでもいい話です。それよりも問題なのは、この件に関するメディアや識者の批判の内容が間違っていることです。

 国家戦略室の格下げ自体は必ずしも政治主導の放棄を意味しません。どの組織が経済財政政策の司令塔の役割を担うにしても、そこが政治主導を実現するために必要な要件を満たしているかの方が重要なのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧