ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
最高のリーダーは何もしない:内向型人間が最強のチームをつくる!
【第28回】 2016年3月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
藤沢久美 [シンクタンク・ソフィアバンク代表]

「ゆとり若手」が隠し持つ「新しいハングリー精神」に火をつける

1
nextpage

時に失敗がメンバーを育てることもある。リーダーはメンバーの失敗をどこまで許容すればいいのか? また若いメンバーが仕事に求めることは何か? 1000人以上の経営者へのインタビューを15年近く続けてきた藤沢久美氏の最新刊『最高のリーダーは何もしない』から、その具体例をみていこう。

「目に見えないリターン」も
見通せているか?

キングジムには、「役員1人が賛成すれば商品化していい」というルールがあります。

しかし、このルールの下で商品を開発しても、つくったものがすべて当たるわけではありません。

代表取締役社長・宮本彰さんは「10個のうち9個ぐらいは失敗商品になる。当たった1個で、9個の失敗の損を取り戻して、お釣りが出るくらいでいい」という考え方を持っています。だからこそ宮本さんは、マーケティング調査というものについて懐疑的です。

 「新商品は出してみないとわからない。私はマーケティング調査がいちばん嫌いです。マーケティング調査はお金と時間がかかるし、すごく無駄が多いんです。そんなことをやるより、まず商品を出してしまって3ヵ月もすれば、売れる売れないというのはわかりますよ」

宮本さんがこの「とりあえず出す」という発想を大切にしているのは、何が売れるかわからないからだけではありません。失敗によって、社員たちの学びの機会も得られるからです。

売れなかった商品については、「なぜ売れなかったのか」を話し合い、お客様の意見をみんなで分析しながら、「こうすれば売れたかもしれない」と仮説を立て直したりしているそうです。

 「売れなかったらやめてしまえばいいわけです。当然やめれば損が出ますが、そこから『なぜ売れなかったか』ということを学べます。そういう経験を積み重ねていくと、ヒット商品につながっていくはずなのです。マーケティング調査をして、出す商品を絞ってしまうと、何も勉強になりません。

商品が売れなかったとしても、市場からなくなってしまえばお客様の記憶には残りませんから、恥ずかしくも何ともありません。失敗は社内での勉強材料として使う。これがいちばんいいパターンだと私は思います」

売れた商品からは経済的リターンを得て、売れなかった商品からは、次なる開発への知恵というリターンを得る。キングジムでは「社員の努力や発想を無駄にしない」という精神が徹底されているのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


藤沢久美 [シンクタンク・ソフィアバンク代表]

(ふじさわ・くみ)大学卒業後、国内外の投資運用会社勤務を経て、1996年に日本初の投資信託評価会社を起業。同社を世界的格付け会社スタンダード&プアーズに売却後、2000年にシンクタンク・ソフィアバンクの設立に参画。2013年、代表に就任。そのほか、静岡銀行、豊田通商などの企業の社外取締役、文部科学省参与、各種省庁審議会の委員などを務める。
2007年、ダボス会議(世界経済フォーラム主宰)「ヤング・グローバル・リーダー」、翌年には「グローバル・アジェンダ・カウンシル」メンバーに選出され、世界の首脳・経営者とも交流する機会を得ている。
テレビ番組「21世紀ビジネス塾」(NHK教育)キャスターを経験後、ネットラジオ「藤沢久美の社長Talk」パーソナリティとして、15年以上にわたり1000人を超えるトップリーダーに取材。大手からベンチャーまで、成長企業のリーダーたちに学ぶ「リーダー観察」をライフワークとしている。
著書に『なぜ、川崎モデルは成功したのか?』(実業之日本社)、『なぜ、御用聞きビジネスが伸びているのか』(ダイヤモンド社)など多数。
Facebook:
https://www.facebook.com/kumi.fujisawa.official


最高のリーダーは何もしない:内向型人間が最強のチームをつくる!

なぜいま、内向的で、心配性で、臆病で、繊細であることが、よいリーダーの共通点なのか? ビジョンによって人を動かす「静かなリーダーシップ」を通じて、自己躍動するチームをつくる秘訣とは? 1000人以上の社長に取材してきた藤沢久美氏が語る「次世代リーダー」へのエッセンス!!

「最高のリーダーは何もしない:内向型人間が最強のチームをつくる!」

⇒バックナンバー一覧