ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イノベーション的発想を磨く

5000人のグーグル社員も実践する脳の基礎力アップ法とは?

~『疲れない脳をつくる生活習慣』(石川善樹著)を読む

情報工場
【第14回】 2016年4月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

労働の質を改善する「マインドフルネス」

 4月になって新年度を迎え、満開の桜の下を歩いていると、自ずと心機一転がんばろうという気分になるから不思議だ。だが急に張り切りすぎてストレスを増やし、五月病にでもなってしまっては元も子もない。なにごともバランスが大切だ。

 ストレスといえば、厚生労働省の調べによると2015年度は過労が原因の精神障害が労災と認定された件数が、過去最多になったそうだ。やはり過労により起こるとされている脳・心臓疾患の労災認定数と比べると、倍以上の数字になっている。残念なことに、仕事のストレスが原因で「心の病」を発症する人は増加傾向にあるようだ。

 意外なことに、精神障害で労災認定された人の残業時間数をみると「20時間未満」が一番多い。すなわち、長時間労働が精神障害を起こす主な原因ではないということだ。

 労働量を適正に抑えるのももちろん重要だろう。だが、労働者が健やかな精神状態で力を発揮できるような「労働の質」の向上も図っていかなければならないということではないか。

 現代人の労働は、肉体労働ではなく頭脳労働が中心となってきている。ゆえに本書の著者の石川善樹氏は、労働の質を向上させるためには、「疲れない脳をつくる」ことが重要だと説く。

 石川氏は、東京大学医学部を卒業後、米国ハーバード大学公衆衛生大学院を修了し、自治医科大学で博士号を取得した予防医学研究者だ。また、株式会社キャンサースキャン、株式会社Campus for Hの共同創業者でもあり、行動科学やヘルスコミュニケーションを活用しながら、ビジネスパーソンを対象にしたヘルスケア、ウエルネスの講演、執筆活動を幅広くおこなっている。

 本書で石川氏は、ストレスを溜めず、スピーディーかつイノベーティブに働く方法として、アメリカのシリコンバレーで広まりつつある「マインドフルネス」を、最新の脳科学の裏づけとともに紹介している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

情報工場

2005年創業。厳選した書籍のハイライトを3000字にまとめて配信する書籍ダイジェストサービス「SERENDIP(セレンディップ)」を提供。国内の書籍だけではなく、まだ日本で出版されていない、欧米・アジアなどの海外で話題の書籍もいち早く日本語のダイジェストにして配信。上場企業の経営層・管理職を中心に約6万人のビジネスパーソンが利用中。

浅羽登志也

情報工場シニアエディター。1989年、京都大学大学院修士課程修了後、リクルート入社。同社スーパーコンピュータ研究所にてインターネットに関する研究に従事。1992年、株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)に創業メンバーとして入社。インターネット黎明期からサービス開発・技術開発に携わる。IIJは、日本で最初にインターネット接続の商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダで2006年12月東証一部上場。1999年、IIJ取締役、2004年より2009年までIIJ取締役副社長。2008年より2015年までIIJイノベーションインスティテュート代表取締役社長。2015年7月よりIIJフェロー。情報編集にも興味を持ち、2007年より松岡正剛氏主催のイシス編集学校で松岡流編集術を学ぶ。現在イシス編集学校の師範を務める。2010年に軽井沢へ転居。自然農法で、自家用の蕎麦や大豆を栽培中。

 


イノベーション的発想を磨く

経営戦略を描くヒントになる、イノベーションのヒントになる、マネジメント層のための知恵袋になる…。経営層・管理職に本当に役立つ書籍を厳選して紹介。

「イノベーション的発想を磨く」

⇒バックナンバー一覧