HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

ストレスフリーな食事健康術 岡田明子

ダイエット失敗続きを脱した13キロ痩せる方法

岡田明子 [管理栄養士]
【第1回】

親元を離れてピークになった体重

あなたがダイエットに失敗し続けるのには理由があった!

 いつになっても話題の「ダイエット」。私自身、高校生くらいからぽっちゃり体型で、友達の間でもダイエットをしているということが、なんだか嬉しい時期でもありました。そんな私がMAXの体重になったのは、20歳の時。高校生までは、親元で過ごしバランスのよい食事ができていたので、まだ体重管理ができていましたが、大学生になり一人暮らしを始め、好きな物を好きな時に好きなだけ食べられる生活になり、私は知らず知らずのうちに体重が今までの人生の中でピークに達しました。身長148cm、体重55kg。BMIは25に達していました。

 BMI(Body Mass Index) という身長と体重からみた体格指数に当てはめると、25は普通判定のギリギリの数値。BMIが25以上は肥満の判定なので、あのまま太り続けていれば、健康を害する「肥満体型」になっていたかと思うとゾッとします。

※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
 18.5未満……やせすぎ
 18.5~25未満……普通
 25以上……肥満

 成人式の写真が太ったままということが、いまだに悔いが残りますが、その頃は、自己流で少しご飯を減らしてみたり、お風呂にフラフラになるまで入ったりしてなんとなく、趣味的な感じでダイエットを行っていました。「絶対痩せなければ!」という想いや危機感はなく、「いつか?痩たらいいな~」くらいの気持ちで毎日を過ごしていました。

 そんな私が「本当に痩せたい!痩せなきゃ!」と思ったきっかけが、その頃付き合っていた彼氏に「お前デブっていう自覚ある?」と言われたこと。すごくショックを受けたことは忘れられません。彼氏に言われ、「私ってデブなんだ…太ってるんだ……」と、その時初めて現実に気づかされたのです。

そしてダイエットの虜に
失敗した数々のダイエット法

 それからありとあらゆるダイエットを試し、いつしか「ダイエットの虜」になっていました。

<痩せる○○>

 まずは楽して痩せたい気持ちが先行し、「読めば痩せられるという本」や、「持っているだけで痩せるというお守り」(もはや神頼み)を試しました。本やお守りはマインドの部分でダイエットの考え方や目標設定の仕方などを学ぶことはできましたが、やはりやるのは自分自身なので、行動に起こすことができずに失敗。こんな簡単な事で痩せられるのであれば、誰もダイエットで悩んでいない!と今では冷静に見ることができますが、その当時は藁をもすがる想いでした。

1 2 3 4 >>
関連記事
このページの上へ

岡田明子 [管理栄養士]

同志社女子大学管理栄養士専攻卒業後、高齢者施設に勤務し、利用者の食事管理を行う。その後ダイエットサプリメント会社の立ち上げに関わり、自身の13kgのダイエット成功経験をいかして「食べてキレイに痩せる」ダイエットメソッドを確立。その後、独立しヘルスケア関連を中心にレシピ監修や商品開発、講演や執筆活動、テレビなどのメディア出演などを精力的に務めるほか、個人への食事サポートも行い、ダイエットなどに悩む方への個々の生活習慣に合わせた的確な指導に定評がある。食事アドバイスサポート実績は延べ1万人に及ぶ。2014年一般社団法人NS Labo(栄養サポート研究所)を設立し、栄養士、管理栄養士をサービスパートナーとして、健康事業のサポートとヘルスケア分野で活躍できる人材育成を行っている。著書に『朝だから効く!ダイエットジュース』(池田書店)がある。ブログはこちらから。


ストレスフリーな食事健康術 岡田明子

健康になるためには食事が大切。でも、健康的な食事=おいしくない、量が少ない、味が薄い…。そう思い込んでストレスになっている人も少なくないはず。この連載では、そんなイメージを脱するような健康になれるのに我慢しなくていい、ストレスフリーな食事術を紹介。1万通り以上の食事パターンを分析し、何千人もの方のダイエットサポート実績がある管理栄養士の岡田明子さんがお教えします!

「ストレスフリーな食事健康術 岡田明子」

⇒バックナンバー一覧